「ノートe-POWERニスモS」はこんなにも熱い

この走りは純粋エンジン車では味わえない

実際に乗ってみてどう感じたか? これが想像以上にニスモとの差を感じさせるものであった。というのも車両重量1250kgのコンパクトカーにもかかわらず、最大トルクは320Nmに達するのだから、アクセルを踏み込んだ瞬間に2.0Lターボ並みの力強さが、内燃機関とは比べものにならないレスポンスの良さで路面に伝わるので、体が一気にシートに押し付けられる。

そしてそのままグイグイと加速していく様は圧巻だ。さらに今回はテストコースでスラロームやハンドリングを試せるコーナーも走ったわけだが、ここではリーフのニスモを彷彿とさせる一体感の高さを存分に味わえた。

新時代のスポーティさを味わうには最適なパッケージ

やはり電動駆動であるがゆえに、アクセルでコーナリング中の姿勢を細かにコントロールできる。しかもリーフニスモと違ってこのe-POWERニスモSは軽量なノートのボディであるため、コーナリング自体もリーフニスモより軽快で身のこなしがより俊敏な感覚を伴うのだ。

それにしても、リーフのときと同じように電動駆動でスポーツドライビングを一度味わうと、通常のエンジンの反応が鈍く感じるほど。

クルマとの一体感の高さを存分に味わえた(筆者撮影)

そう考えると現在、日産の電動駆動ラインナップで味わえるこの走りは、モーターという新世代のメカが生み出した新たな時代のクルマとの一体感であり、対話性だろう。まさに、新時代のスポーティさを味わうには最適なパッケージといえるだろう。

日本には優れたコンパクトカーがたくさん存在しており、それぞれにスポーティな味付けが施された、いわゆるホットハッチと呼べるモデルが多数存在している。

しかしそれらはすべて、これまでの内燃機関を前提に作られた走りの熱さを表現したモデルである。そうした中にあって日産ノートe-POWERニスモSというのは、パッと見た目では、いわゆるホットハッチに属すだろう見た目を持っているし、シャシーに関してもいわゆるホットハッチの手法でチューニングがなされている。

ノートe-POWERニスモ(筆者撮影)

しかしながら、秘めたハートはほかとはまったく違うもので、生み出す熱さもまたまったく種類の異なる、いや次元の異なるものだといえる。

それは例えれば、これまでのホットハッチの熱さはオレンジの炎なのに対して、このニスモSの熱さは青い炎のような感覚。つまり同じ炎でも、まったく種類の違う走りの熱さを持っている、とでもいおうか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT