アクアとノート、実際買うならどの仕様か

2018年登録車トップを争う2車種を徹底比較

どちらもメーカーオプションが豊富でどれを選んでいいか悩んでしまう(写真:トヨタグローバルニュースルーム、日産自動車ニュースルーム)

日産自動車「ノート」とトヨタ自動車「アクア」が激しいデッドヒートを繰り広げている。

残り3カ月でどちらが競り勝つか

日本自動車販売協会連合会(自販連)によると、今年1~9月にノートは約10万8800台、アクアは約9万6900台を売り、乗用車ブランド通称名別新車販売ランキング(軽自動車除く)のトップを競っている。残り3カ月でアクアがノートを月平均で4000台ずつ上回らなければ勝てないが、トヨタ販売店がすさまじい底力を出して逆転する可能性がないとは言い切れない段階だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ノート、アクアともに5ナンバーサイズのコンパクトハッチバックで、方式こそ違うがハイブリッド車(ノートは非ハイブリッド車も設定有)という共通項を持っている。また、アクアは2011年、ノートは2012年に現行2代目が販売開始しており、どちらも登場から時間が経過しているというのも似通ったポイントだ。

アクアは2011年12月に販売がスタート。2009年に登場した3代目「プリウス」が1800ccとなり、ボディサイズもさらに拡大されたことを受け、コンパクトなハイブリッド車のポジションを補完すべくリリースされた。日本国外では「プリウスc」という名前で販売されていることからもわかるとおり、プリウスファミリーの一員となっている。こちらはパワートレインの変更こそないものの、一部改良やマイナーチェンジを重ねて商品力をキープし続けている。

このようにアクアがデビューからコンスタントに販売台数ランキングの上位に位置していたのに対し、ノートはベスト10圏内に入るものの、トップ争いをするまでの人気車種ではないという状況が続いていた。この状況が一変するきっかけとなったのが、2016年11月のマイナーチェンジで追加投入された「e-POWER」の存在だった。電気自動車であるリーフで培った電動車の技術を投入し、エンジンで発電しながらモーターで駆動する、日産いわく「電気自動車のまったく新しいカタチ」をうたったe-POWERは瞬く間に人気車種となり、2016年10月度は30位だった販売台数が翌月は一気にトップに躍り出るほどのヒット作となった。

次ページノートとアクア、買うならどのグレード?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT