トヨタ「アクア」が抱える意外と悩ましい事情

異例のロングセラーで乗り換え勧めにくい

9月4日には特別仕様車 Crossover“Glam”を投入した(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

トヨタ自動車のコンパクトハイブリッドカー「アクア」が、微妙な立ち位置にいる。

日本自動車販売協会連合会(自販連)によると、今年1~9月にアクアは約9万6900台(月平均約1万0760台)を売り、乗用車ブランド通称名別新車販売ランキング(軽自動車除く)で、日産自動車「ノート」(約10万8800台、月平均約1万2090台)に次ぐ2位につけている。

販売は好調そのものだが…

アクアは今年4月に一部改良を施し、特別仕様車も新たに設定。これを受けて乗用車ブランド通称名別新車販売ランキングで、今年4~7月は単独トップに立った。高級車ブランド「レクサス」を除くトヨタの国内販売店4系列(トヨタ店、カローラ店、トヨペット店、ネッツ店)すべてで取り扱うという販売ネットワークの強さを生かして、販売は好調の一言に尽きる。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

一方、日産は年度(4~3月)ベースでは1968年度に「ブルーバード」でトップを飾ったことがあるが、暦年ベースは過去に例がない。日産はノートの拡販によって、悲願ともいえ、歴史に残る暦年1位の座を獲得したいに違いない。

2018年も残り3カ月でその差は約1万1960台。アクアがノートを月平均で4000台ずつ上回らなければ勝てない。ノートがよほど失速するか、アクアが飛躍的に販売を伸ばすかしか可能性がないが、日産の悲願を阻む可能性があるとしたら、アクアだけと言っていい。4代目「プリウス」は3代目ほどの勢いがないからだ。

次ページアクアを圧倒するほどのトヨタ車が出てきていない
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。