トヨタ「アクア」が抱える意外と悩ましい事情

異例のロングセラーで乗り換え勧めにくい

トヨタは9月11日、従来3列シート仕様のみだった「シエンタ」に2列シートの5人乗り仕様を新たに設定して発売した。森口将之氏執筆による「トヨタ『シエンタ』5人乗りが追加された事情」(2018年9月20日配信)で解説しているように、福祉車両やタクシーの需要をにらんだうえでの施策なのだろう。

ただ、アクアのフルモデルチェンジにまだ時間がかかる現在の状況において、シエンタの2列シート仕様は、トヨタの販売現場がアクアユーザーに乗り換えを提案しやすい車種の1つになりうると筆者は思う。トヨタのコンパクトカーでは、背の高いハイトワゴンの「ルーミー/タンク」の人気が高いが、両モデルにはハイブリッド車が設定されていないのが、現アクアユーザーのネックの1つだったかもしれないからだ。

「販売のトヨタ」と自動車業界内で言われてきたほど、日本国内では圧倒的な販売力のトヨタは、販売店が自社顧客にトヨタ車からトヨタ車への乗り換えを勧める営業がうまい。トヨタが販売シェアナンバーワンを維持できているゆえんである。

「販売のトヨタ」でも肝心のタマがなければ…

もちろん、新型アクアが出たからといって、日産「ノート」のeパワーのように、目新しいメカニズムでも採用されないかぎりは、現アクアユーザーが同じ車名のクルマに大きな関心を示すかというと、そんなことはないかもしれない。それでも、肝心の「タマ」すらない状況ではそもそも乗り換えは勧められない。

もともとアクアは同クラス車の中ではラゲッジルームや後席が狭い点が指摘されてきたが、デビュー当時からしばらくは、「プリウスより買い求めやすいハイブリッド車」として売れに売れまくった。現行の4代目プリウスが苦戦しているのは、デザイン面の不評に加えて、使い勝手も要因とされている。今はハイブリッド車だからといって、爆発的に売れる時代でもなくなっている。次期アクアは実用性を高められるかどうかが大きなポイントになるだろう。

2009年から2015年まで販売していた3代目プリウスさえ、モデルサイクルは約6年。大ヒットモデルながら、それを超える異例のロングセラーで、今なおトヨタの最量販車種になっているアクア。売れているのはいいが、悩ましさを感じているトヨタ関係者も少なくはないはずだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自前の物流網を一気に拡大<br>アマゾンジャパンの真意

アマゾンジャパンで物流部門を長年統括するジェフ・ハヤシダ氏へのインタビュー。個人事業主に直接配送を委託する「アマゾンフレックス」の構想は4年前からあり、現在は首都圏中心の6地域ですが、今後3年で全国に広げることが明かされました。