アクアとノート、実際買うならどの仕様か

2018年登録車トップを争う2車種を徹底比較

そんなトップ争いを繰り広げる両車。それぞれ比較検討したうえで購入に至っているユーザーも少なからずいるはずだ。ノートとアクア、買うならどのグレードが良いのか。ノートにはガソリンエンジン仕様も存在するが、今回はアクアの比較対象ということでe-POWERシリーズに絞ってご紹介したい。なお、気になる両車の代表的なグレードと価格は以下のとおりだ。

アクア(2WDのみ)
L 178万5240円~
S  188万6760円~
S“Style Black” 197万9640円
G/G“ソフトレザーセレクション” 205万2000円~
Crossover  205万2000円~
Crossover“Glam” 212万3280円
G“GR SPORT” 232万2000円~
G“GR SPORT・17インチパッケージ” 252万7200円~
ノートe-POWER(2WD/4WD<FOUR>)
e-POWER S 190万1880円(4WD設定なし)
e-POWER X 202万1760円/223万7760円
e-POWER Xブラックアロー 211万4640円/233万0640円
e-POWER MEDALIST 235万3320円/256万9320円
e-POWER MEDALISTブラックアロー 242万4600円/264万0600円
e-POWER Xシーギア 225万9360円/247万5360円
e-POWER AUTECH 226万4760円/248万0760円
e-POWER AUTECH SPORTS SPEC 245万3760円(4WD設定なし)
e-POWER NISMO 248万8320円(4WD設定なし)
e-POWER NISMO S  267万1920円(4WD設定なし)

価格を見るとアクアよりもノートのほう15万円ほど高く見える。しかし、どちらも5ナンバーサイズとはいえボディサイズに差がある。

アクア 全長4050×全幅1695×全高1455mm
ノート 全長4100×全幅1695×全高1520mm(ともにベース車)

全幅以外はノートのほうがひと回り大きいサイズとなっているのだ。実際、ノートはひとクラス上のセダンにも匹敵する室内空間の広さを持っており、リアシートと荷室の広さはノートに分がある。そのため、人を乗せる機会が多い人や荷物を多く積む予定があるユーザーは実際に両車を比較してみたほうがいいだろう。

グレード体系はどうなっている?

アクアもノートもグレード体系は多岐にわたる。まず、営業車などとにかく購入コストを抑えたいユーザー向けに装備を大幅にカットしたグレードが「アクア L」と「ノート e-POWER S」だ。こちらはリアワイパーやリアのパワーウィンドウなどが省かれており、一般ユーザーにはオススメしにくい。

続いて量販グレードとなるのが「アクア S」と「ノート e-POWER X」となる。日常使いで必要な装備はほぼ標準で備わっているグレードだが、ノートがエマージェンシーブレーキなどの先進安全装備が標準なのに対し、アクアはオプション設定となっている点が大きな違いだろう。

次ページ標準装備とオプション設定
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング