アクアとノート、実際買うならどの仕様か

2018年登録車トップを争う2車種を徹底比較

そんなトップ争いを繰り広げる両車。それぞれ比較検討したうえで購入に至っているユーザーも少なからずいるはずだ。ノートとアクア、買うならどのグレードが良いのか。ノートにはガソリンエンジン仕様も存在するが、今回はアクアの比較対象ということでe-POWERシリーズに絞ってご紹介したい。なお、気になる両車の代表的なグレードと価格は以下のとおりだ。

アクア(2WDのみ)
L 178万5240円~
S  188万6760円~
S“Style Black” 197万9640円
G/G“ソフトレザーセレクション” 205万2000円~
Crossover  205万2000円~
Crossover“Glam” 212万3280円
G“GR SPORT” 232万2000円~
G“GR SPORT・17インチパッケージ” 252万7200円~
ノートe-POWER(2WD/4WD<FOUR>)
e-POWER S 190万1880円(4WD設定なし)
e-POWER X 202万1760円/223万7760円
e-POWER Xブラックアロー 211万4640円/233万0640円
e-POWER MEDALIST 235万3320円/256万9320円
e-POWER MEDALISTブラックアロー 242万4600円/264万0600円
e-POWER Xシーギア 225万9360円/247万5360円
e-POWER AUTECH 226万4760円/248万0760円
e-POWER AUTECH SPORTS SPEC 245万3760円(4WD設定なし)
e-POWER NISMO 248万8320円(4WD設定なし)
e-POWER NISMO S  267万1920円(4WD設定なし)

価格を見るとアクアよりもノートのほう15万円ほど高く見える。しかし、どちらも5ナンバーサイズとはいえボディサイズに差がある。

アクア 全長4050×全幅1695×全高1455mm
ノート 全長4100×全幅1695×全高1520mm(ともにベース車)

全幅以外はノートのほうがひと回り大きいサイズとなっているのだ。実際、ノートはひとクラス上のセダンにも匹敵する室内空間の広さを持っており、リアシートと荷室の広さはノートに分がある。そのため、人を乗せる機会が多い人や荷物を多く積む予定があるユーザーは実際に両車を比較してみたほうがいいだろう。

グレード体系はどうなっている?

アクアもノートもグレード体系は多岐にわたる。まず、営業車などとにかく購入コストを抑えたいユーザー向けに装備を大幅にカットしたグレードが「アクア L」と「ノート e-POWER S」だ。こちらはリアワイパーやリアのパワーウィンドウなどが省かれており、一般ユーザーにはオススメしにくい。

続いて量販グレードとなるのが「アクア S」と「ノート e-POWER X」となる。日常使いで必要な装備はほぼ標準で備わっているグレードだが、ノートがエマージェンシーブレーキなどの先進安全装備が標準なのに対し、アクアはオプション設定となっている点が大きな違いだろう。

次ページ標準装備とオプション設定
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT