新型「プリウス」実際買うならどのグレードか

デザインを刷新、オプション含めて徹底検証

デザインを刷新した新型「プリウス」(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

2015年12月に4世代目へと進化したトヨタ自動車「プリウス」。トヨタの新型プラットフォームとなるトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー (TNGA) を採用した初めての車種であり、クルマとしての完成度は先代を大きくしのぐものとなっていた。

しかし、よくなった走りの面以上に話題の中心となったのは、その個性的すぎるエクステリアだった。トヨタのすべての販売チャネルで取り扱われ、老若男女問わず選ばれるプリウスに、ここまでチャレンジングなエクステリアを採用することに賛否が分かれる結果となってしまったのだ。

個人的にはトヨタのチャレンジ精神は評価したいし、日常的に目にするようになってくると意外とアリかも……と思っていたのだが、市場の反応は賛否の否が多かったのか、ここのところの月販台数で弟分のアクアの後塵を拝すことが続いていた。

前後のランプ類を変更し、より親しみやすく

そして登場から丸3年となる2018年12月17日にマイナーチェンジが実施されたプリウスは、そんなエクステリアデザインを一新。前後のランプ類を従来のようにバンパーまで伸ばさずに、より親しみやすいデザインへと変貌を遂げている。今回は、そんなマイナーチェンジを受けたプリウスのバイヤーズガイドをお送りしたい。

改めてマイナーチェンジを遂げた新型プリウスのグレード構成と車両本体価格は次のとおりだ。

E              2WD(FF)     251万8560円
S              2WD(FF)     256万5000円
              E-Four           275万9400円
S“ツーリングセレクション”  2WD(FF)   273万2400円
              E-Four     292万6800円
A              2WD(FF)  284万2560円
              E-Four     303万6960円
A“ツーリングセレクション”  2WD(FF)  300万6720円
              E-Four     320万1120円
Aプレミアム         2WD(FF)   317万5200円
                                           E-Four           336万9600円
Aプレミアム“ツーリングセレクション”
                                          2WD(FF)     328万4280円
                                          E-Four           347万8680円
次ページグレード体系は不変
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT