レクサス「UX」、実際買うならどのグレードか

ガソリンかHVか、豪華仕様が欲しいなら?

レクサス最小のSUV「UX」(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

2018年11月に登場した、レクサスのコンパクトSUVである「UX」。レクサスにはすでに「NX」「RX」「LX」と3車種のSUVがラインナップされていたが、その末端を担ういちばんコンパクトなモデルとなっている。全幅は1840mmとNXと5mmしか違わないのだが、全長がNXよりも145mmも短い分、小さく見えるだけでなく、全高も1540mmと立体駐車場に対応できるサイズとなっているため、都市部のユーザーからの支持も集めそうな1台となっている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんなUXはトヨタの新プラットフォームとなるTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を採用した「GA-Cプラットフォーム」を採用している。このプラットフォームは「プリウス」や「カローラ スポーツ」、そして「C-HR」も採用している。

UXとC-HRはホイールベースも共通となっているため「C-HRをベースにしている」という言い方もなされているが、内外装はもちろんのこと、搭載エンジンから足回りの味付けまでまったく異なるものとなっており、その考えは捨てて完全なる別車種として考えたほうがいいだろう。

UXのパワートレインは2種類

UXのグレード構成と車両本体価格(税込)は次のとおりだ。

2.0Lガソリンエンジン
UX200 2WD(FF) 390万0000円
UX200 “version C”  2WD(FF) 414万0000円
UX200 “F SPORT” 2WD(FF) 443万0000円
UX200 “version L” 2WD(FF) 474万0000円

ハイブリッド(2.0ガソリンエンジン+モーター)
UX250h 2WD(FF) 425万0000円
  AWD 451万0000円
UX250h “version C” 2WD(FF) 449万0000円
  AWD 475万0000円
UX250h “F SPORT” 2WD(FF) 478万0000円
  AWD 504万0000円
UX250h “version L”  2WD(FF) 509万0000円
  AWD 535万0000円
次ページパワートレインは2種類
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT