レクサス「UX」、実際買うならどのグレードか

ガソリンかHVか、豪華仕様が欲しいなら?

レクサス最小のSUV「UX」(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

2018年11月に登場した、レクサスのコンパクトSUVである「UX」。レクサスにはすでに「NX」「RX」「LX」と3車種のSUVがラインナップされていたが、その末端を担ういちばんコンパクトなモデルとなっている。全幅は1840mmとNXと5mmしか違わないのだが、全長がNXよりも145mmも短い分、小さく見えるだけでなく、全高も1540mmと立体駐車場に対応できるサイズとなっているため、都市部のユーザーからの支持も集めそうな1台となっている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんなUXはトヨタの新プラットフォームとなるTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を採用した「GA-Cプラットフォーム」を採用している。このプラットフォームは「プリウス」や「カローラ スポーツ」、そして「C-HR」も採用している。

UXとC-HRはホイールベースも共通となっているため「C-HRをベースにしている」という言い方もなされているが、内外装はもちろんのこと、搭載エンジンから足回りの味付けまでまったく異なるものとなっており、その考えは捨てて完全なる別車種として考えたほうがいいだろう。

UXのパワートレインは2種類

UXのグレード構成と車両本体価格(税込)は次のとおりだ。

2.0Lガソリンエンジン
UX200 2WD(FF) 390万0000円
UX200 “version C”  2WD(FF) 414万0000円
UX200 “F SPORT” 2WD(FF) 443万0000円
UX200 “version L” 2WD(FF) 474万0000円

ハイブリッド(2.0ガソリンエンジン+モーター)
UX250h 2WD(FF) 425万0000円
  AWD 451万0000円
UX250h “version C” 2WD(FF) 449万0000円
  AWD 475万0000円
UX250h “F SPORT” 2WD(FF) 478万0000円
  AWD 504万0000円
UX250h “version L”  2WD(FF) 509万0000円
  AWD 535万0000円
次ページパワートレインは2種類
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT