野菜が壊れる 新留勝行著

野菜が壊れる 新留勝行著

野菜、果物、穀物そして肉や卵、乳製品など農畜産物に異変が起こっている。本来含まれているはずの栄養素は激減し、人体に有害と思われる物質が含まれる。化学肥料・農薬による「慣行栽培」によって壊れた土、野菜、穀物が「ふつう」になり、家畜や加工食品を連鎖的に壊しているのだ。たとえば化学肥料による硝酸態窒素、カリウムの過剰摂取。農薬は国別面積当たり平均使用量がOECD平均の6倍のトップということも意外に知られていない。

もともと野菜・果物は変色したり腐ったりカビたりしない。常温ではしなびていくだけ。農薬・化学肥料を使い続ければ加速度的に農業の荒廃が進むと、熊本県在住の農業研究者が警鐘を鳴らす。

集英社新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT