日本史は「大陸vs海」で読むと最高に面白い

世界と日本はこうしてつなげて見る

「世界のなかの日本」という位置づけから、日本史を学びなおす(写真:abzee/iStock)
日本史が大ブームです。書店には日本史関連の本が所狭しと並びますが、そこから現在を生きる「智恵」を学ぶのは簡単ではありません。なぜならいまの日本史は、日本と世界を完全に切り離し、「世界のなかの日本」という視点を失っているからです。
「そもそも日本の歴史はつねに世界の動きと共にあった」――『世界史とつなげて学べ 超日本史』の著者である茂木誠さんはそう語ります。世界史と日本史をどうやってつなげれば、これまでにない「新しい日本史」が見えてくるのでしょうか。

ナショナリズムか、グローバリズムか

現在の日本と世界にまつわる諸問題は、突き詰めて考えれば、国境を守る(ナショナリズム)か、国境をなくしていく(グローバリズム)かという議論に集約されるように思います。太古の昔から、人々は一定のなわばりをもち、群れで生活してきました。なわばりを守るために外敵を排除するのがナショナリズム、なわばりを超えてほかの群れともやりとりし、互いに必要なものを融通し合うのがグローバリズム、と考えればわかりやすいでしょう。

冷戦が終結したあとの1990年代から2000年代までは、グローバリズムが席巻した時代でした。計画経済のソ連を「兵糧攻め」で崩壊させたアメリカは、自由主義経済を世界に広める「十字軍」として奮闘し、中国とロシアを自由主義陣営に引き込もうとしました。

同盟国であった日本に対しても市場開放の圧力を加え、構造改革を推進する政権を陰で後押しする一方、中東諸国の親ロシア政権に対しても、経済支援の見返りとして経済自由化を受け入れさせたのです。

次ページこの結果どうなったか
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。