日本史は「大陸vs海」で読むと最高に面白い

世界と日本はこうしてつなげて見る

「世界のなかの日本」という位置づけから、日本史を学びなおす(写真:abzee/iStock)
日本史が大ブームです。書店には日本史関連の本が所狭しと並びますが、そこから現在を生きる「智恵」を学ぶのは簡単ではありません。なぜならいまの日本史は、日本と世界を完全に切り離し、「世界のなかの日本」という視点を失っているからです。
「そもそも日本の歴史はつねに世界の動きと共にあった」――『世界史とつなげて学べ 超日本史』の著者である茂木誠さんはそう語ります。世界史と日本史をどうやってつなげれば、これまでにない「新しい日本史」が見えてくるのでしょうか。

ナショナリズムか、グローバリズムか

現在の日本と世界にまつわる諸問題は、突き詰めて考えれば、国境を守る(ナショナリズム)か、国境をなくしていく(グローバリズム)かという議論に集約されるように思います。太古の昔から、人々は一定のなわばりをもち、群れで生活してきました。なわばりを守るために外敵を排除するのがナショナリズム、なわばりを超えてほかの群れともやりとりし、互いに必要なものを融通し合うのがグローバリズム、と考えればわかりやすいでしょう。

冷戦が終結したあとの1990年代から2000年代までは、グローバリズムが席巻した時代でした。計画経済のソ連を「兵糧攻め」で崩壊させたアメリカは、自由主義経済を世界に広める「十字軍」として奮闘し、中国とロシアを自由主義陣営に引き込もうとしました。

同盟国であった日本に対しても市場開放の圧力を加え、構造改革を推進する政権を陰で後押しする一方、中東諸国の親ロシア政権に対しても、経済支援の見返りとして経済自由化を受け入れさせたのです。

次ページこの結果どうなったか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT