大人と議論できる10歳は、どう育ったか?

親子の会話は、さながら「白熱教室」

キャベツの県別生産高より、もっと大事なこと

狩野さんは、中学受験に対しても「小学生の遊び盛りのときに、キャベツの県別取扱高とか覚えさせるのはもったいなさすぎる」と、今のところ否定的だ。

小学生の子どもたちにクリティカル・シンキングの基礎を教えるプログラムを運営。同じ志を持つ教師仲間らと「考える力推進委員会」を立ち上げ、教育現場でのプログラム展開も目指している

知識はインターネットでも本でも得られる時代。知識を持っているということの重要性は、相対的に低下していくのではないか。ならば「兄弟げんかしながら解決策を見いだしたり、お友達と遊んだりしながら喜怒哀楽を経験させるほうほうが大切」だと。

最後に狩野さんに、お子さんに求める資質について聞いてみると、ちょっと過激な言葉が返って来た。「たとえ革命が起きても生きていける子に、天災・人災が起こっても裸一貫で立ち上がれる子になってほしいですね」。革命、そのココロは……。

「革命のときには、自分はどう生きればいいかを客観視できなければ、生き残れないはずです。自分を客観視して考えるというトレーニングを通じて『幸せになる力』をぜひ身に付けてほしい。失敗したり、貧乏になったり、病気になったりといった状況もあるかもしれないけれども、そのような中にあっても生きていることへの実感や感謝を持てる、『幸せ力』とでもいうべき力をつけさせてやることが、親の最大の役割だと思います」

考えることを通じて伝えたいのは、幸せになるチカラ。狩野さんはこれからも、ご自身の子どもたちだけでなく、多くの子どもたちに「幸せ力」を授けていくに違いない。

(撮影:尾形文繁)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。