羽生善治は何のために将棋を指しているのか

「勝つことには意味がない」と考えるワケ

羽生さんの将棋に対する哲学とは?(写真:bee / PIXTA)
永世七冠を獲得するなど将棋界の先頭を走り続ける羽生善治竜王。何のために将棋を指すのか。勝つことの意味は何か。『超越の棋士 羽生善治との対話』を書いたルポライターの高川武将氏に聞いた。

羽生さんの扱われた方は「画一的」

──これまで高川さんの取材対象はアスリートが中心でした。本書では将棋界の羽生竜王にフォーカスしています。

最初のインタビューのとき、問いへの答えに微妙なズレがあり、何ともいえない違和感、敗北感を覚えました。「これは何なんだ」という意識がずっとありました。羽生さんの話には、一見、「まともなこと」を言っているようで、曰(いわ)く言いがたい「不協和音」があります。すぐには理解できない「特異さ」とか「狂気」といえるかもしれません。これに対し、「負けてたまるか」という気持ちが湧き、次こそ羽生さんの心の奥底にあるものを引っ張り出したいと思いました。

羽生さんのメディアでの扱われ方が画一的で、天才、とてつもなく将棋が強い人、すごく頭のいい人といったアイコンでくくられている。羽生さんの実績と将棋界への貢献には計り知れないものがありますが、その羽生さんの「人間的実像」がきちんと伝わっていないことを知り、ならば自分がそこに踏み込んでいってみよう、と大胆にも、また傲慢にも思いました。

──インタビューでは将棋の話ばかりです。

そうですね。振り返れば私生活の話はほとんど聞いていない。羽生さんの人生が将棋そのものだと最初から感じていたからかもしれません。羽生さんが将棋を語るとき、「将棋」という言葉を「人生」に置き換えると、すべてが人生哲学や生き方に通じる。逆説的な真理は、示唆に富んでいる。そこが面白く、強く引かれた要因でしょう。

次ページ「勝つことの意味」を何度も聞いた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
  • 就職四季報プラスワン
  • シリコンバレー起業日記
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
DMMの変身<br>異色IT企業を大解剖

アダルトビデオで出発し、雑多な事業への参入で膨張してきたDMM.comグループ。事業領域はネット系を飛び出し、約40に広がる。脱アダルトを進め組織体制も変革。それでも「上場は考えない」(亀山会長)。謎多き会社の実態に迫った。