富士フイルムはなぜ、大改革に成功したのか

古森重隆・富士フイルムホールディングス会長・CEOに聞く

──コンパクトデジカメ(コンデジ)には、写真フィルム同様の将来が待っているのでしょうか。

スマートフォンの影響は受けているが、ゼロになったわけではない。コンデジでも高価格帯の機種は画質がスマホとは全然違うので必ず残る。

──今、本業の危機に直面している経営者やリーダーは何をすべきだと考えますか。

まず何が起きているか勇気を持って直視することだ。私も社長就任当時、縮小していく写真フィルム関連の数字からどんなに目を背けたかったことか。しかし、現実は現実だ。「いつか来るものがついに来た」と、割り切らないと仕方がない。

そして、これからどうなるかと構想する。その際には必ず数字で考えないといけない。シミュレーションして、会社が成り立たないということであれば、プライオリティを決めて改革を断行する。決断とは責任を取る覚悟でやるということ。それは、ダメだったら辞めればいいという軽いものではない。会社の命運が託されている以上、失敗は許されない。

経営者やリーダーには「骨太の楽観主義」も必要だ。困難にも立ち向かっていき、前向きにやっていこうという気持ち。これが伴わなければ、知識がいくらあっても無理だ。それが「魂の経営」なのだ。

『魂の経営』
東洋経済新報社 1680円 222ページ

こもり・しげたか
1939年生まれ。東京大学経済学部卒業。富士写真フイルム(現富士フイルムホールディングス)に入社。96年富士フイルムヨーロッパ社長。2000年本社社長、03年兼CEO。経営改革を断行し事業構造を転換。液晶ディスプレー材料や医療機器などに注力し、業績をV字回復させた。12年6月から現職。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT