最多動員のプロ野球、球団をどう変革するか

PLMに求められるファン拡大の役割とは?

セ・リーグのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ広島―巨人第1戦。ファンの声援に応える広島・緒方監督(手前)リーグ3連覇を果たした広島は主催試合が球団史上最多の220万人を今季動員した(写真:共同通信社)

今シーズンもセ・パ両リーグともペナントレースが終わり、クライマックスシリーズでの熱戦が繰り広げられている。10月27日から始まる日本シリーズを前に野球ファンにとっては目が離せない戦いが続いている。

10月13日に2018年のセ・パ公式戦全日程が終了し、入場者数は史上最多を更新した。

公式戦の入場者数は過去最高

今年の夏は自然災害に見舞われる事態もあったものの、NPBの統計データによれば、全858試合で入場者数は2555万0719人で1試合平均は3万人に迫る2万9779人だった。

リーグ別に見れば、セ・リーグの入場者数が昨年比で1.5%増の1423万5573人で1試合平均3万3183人。パ・リーグが同1.8%増の1131万5146人で1試合あたり2万6376人となった。

増加率で見れば、パ・リーグの方がやや多いが、セ・リーグに対して約8割の入場者数の水準にとどまっている。

もちろん、パ・リーグ球団も、試合入場者数の増加に向けてそれぞれの方法で取り組んでいる。各球団にとって、試合入場者数は持続的運営を実現するために必要な入場料収入の増加を図るうえで最も重要な指標だ。

次ページPLMの活動とは何か
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。