阪神電鉄vs甲子園「名物食堂」退去めぐる対立

シーズン終了近いが、「場外乱闘」はまだ続く

甲子園駅から甲子園球場に向う道路の再開発に伴い、地元食堂と阪神電鉄の間で訴訟が起きている(写真:digi009/PIXTA)

全国津々浦々に1000万人以上いるとされる阪神タイガースファン。名監督の名をほしいままにした野村克也氏に「タイガースは全国どこでゲームをやっても、必ずお客さんを連れてきてくれる」と言わしめた、その彼らの聖地・甲子園球場前広場の風景が一変している。

建物は撤去され資材置き場に

阪神電車甲子園駅を下り、駅前広場を通って阪神高速下を抜けると甲子園球場にたどり着く。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

広場右手の土手の上には昭和風情全開の食堂やグッズショップが並び、その背後にはかつて「ダイエー甲子園店」として、ダイエー全店で日本一の売上高を誇った商業施設がある。その後「イオン甲子園店」に名を変え、さらに建物の信託受益権を三菱地所が取得したことを機に、「Corowa甲子園」としてリニューアルされたが、地下2階の食料品売り場が観戦フードの供給基地であることは変わっていない。

一変したのは土手の上の風景だ。昨シーズンまでは、阪神高速側から順に、甲子園ラーメン、ウエルネス阪神が経営する向かい合わせのグッズショップ2棟、それに日吉食堂が立ち並んでいたが、日吉食堂以外の建物がすべて撤去され、資材置き場となっているのだ。

甲子園ラーメン跡地は資材置き場に。後ろの建物はCorowa甲子園(2018年9月13日、筆者撮影)
右に建設途中のスタバ店舗、左奥が日吉食堂(2018年9月13日、筆者撮影)

さらに、日吉食堂の前には簡易フェンスが巡らされ、地震発生時に建物が倒壊する危険性があることを告知するボードも掲示されている。そして甲子園駅西改札の目の前には、9月25日にスターバックスがオープンした。

阪神電鉄自体は開示をしていないが、駅前広場の既存建物を撤去し、新たに商業施設を建設するとともに、選手の写真などで装飾したタイガースロードの設置を阪神電鉄が計画していることは、昨年からスポーツ紙が報じている。

次ページ甲子園球場一帯では再開発計画が進行中
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。