ブルガリアでもジャーナリスト殺害事件発生 内務大臣は「レイプ殺人」と説明しているが…

拡大
縮小
(写真:TVN.bg/Handout via Reuters)

[ソフィア(ロイター)] - 欧州連合(EU)の資金がらみの汚職疑惑を調査していたブルガリア人記者が、ルセ市のドナウ川で殺害されたと当局者は10月7日に伝えた。

バルカン諸国の検察は、30歳のヴィクトリア・マリノワ氏の遺体は、ルセ市の公園内で6日に発見されたと語った。身元の特定手段はイニシャルのみであった。

内務大臣は「レイプ殺人」と説明

ムラデン・マリノフ内務大臣は記者団に対し、「これはレイプ殺人だ」と述べた。マリノワ氏の職務に関連して発生した殺人と示唆するような証拠はなく、同氏が脅迫されていたという情報もなかったと述べた。

ブルガリアのボイコ・ボリソフ首相は記者団に対し、「事件の真相が明らかになるまで、そう時間はかからないと確信している。最高の犯罪学者がルセに派遣されているところだ。現場では大量のDNAが採取されている。プレッシャーを掛けずにその調査を見守りたい」と説明した。「死因は、頭部への殴打と窒息によるもの。携帯電話、車の鍵、眼鏡、服の一部は見つかっていない」とルセの地方検察官ゲオルギ・ゲオルギエフ氏は語った。

マリノワ氏は、ルセに拠点を置くテレビ局TVNの重役を務めている。TVNはブルガリア北東部で最も人気のあるTVチャンネルの1つである。同氏は2過去1年で欧州連合(EU)において殺された3人目の記者になった。

次ページ汚職疑惑を調査
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT