アジアで爆速!J1「アルビ新潟」の敏腕経営

売り上げ4倍、黒字経営!アルビレックスの自己改革

改革2 「日本のスポーツビジネスを、アジアに輸出」

その強い海外志向のとおり、今年9月には「アルビレックス新潟バルセロナ」を創立。マレーシア・ジョホールバルでは、サッカースクールを開校。そして、2014年1月には「アルビレックス新潟プノンペン」の創立を予定している。

アルビレックス新潟バルセロナでは、国際人の育成を目的としており、「サッカー選手になりたい人は来るな」と選手に伝えているほどだ。在籍する選手たちは大半が日本からの自費留学生だ。そこで、カタルーニャ州4部リーグに参加し、サッカーとスペイン語を1年間学ぶ。

一方、プノンペンはやや趣が異なる。カンボジアプロ1部リーグにカンボジア人を主体としたチームで参加し、日本スタイルの運営を行う。「日本のスポーツは競技においてもビジネスにおいてもアジアでトップクラス」と是永氏。現地の人々に日本のクオリティを伝え、スポーツビジネスを輸出しスケールさせる。

特に、海外の中でも東南アジアにかける是永氏の思いは強い。「これから海外のビジネスで一発逆転したいのなら、東南アジアぐらいしかない。国の発展は、まずはインフラ、第2に経済、スポーツや文化は第3のステージ。シンガポールは第3の発展期にさしかかっている。プノンペンやほかの国々はまさにこれから」。

直近では、シンガポール、バルセロナ、プノンペンなどの事業を合わせて年間売上高10億円が目標。だが、見据える先ははるか先、シンガポール証券取引所での上場、各国での事業拡大だ。日本のスポーツはマンガやアニメに続くクールジャパンとなるのか。是永氏はサッカー語が堪能な若者の登場を待ち望んでいる。

チェアマン兼CEOの是永大輔氏
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。