マンU、東北支援になぜこだわる

アジア太平洋部門責任者に聞く「日本戦略」

7月下旬、アジアツアーの一環として5年ぶりに来日したイングランドの名門サッカークラブ、マンチェスター・ユナイテッド(以下、マンU)。7月23日に行われた横浜F・マリノス戦では2対3で敗れたものの、26日行われたセレッソ大阪戦では、セレッソ出身でもある香川真司がゴールを決めて、2対2の引き分けに持ち込んだ。
英国プレミアリーグのクラブの中でも、マンUはアジアで絶大な人気を誇る。プレミアリーグ発足(1992年)後、21シーズンのうち、マンUは実に13シーズンを制するなど、名実ともに英国トップのクラブだ。
日本でも、ヤンマー、関西ペイント、セイコーエプソン、カゴメなどがマンUのオフィシャルスポンサーに名を連ねる。今回の日本ツアーでは、横浜F・マリノス戦をカゴメが特別協賛し、セレッソ大阪戦をヤンマー(同社サッカー部がセレッソの母体)がオフィシャルマッチスポンサーとして支えた。
マンUではまた、27年にわたって監督を務めた名将サー・アレックス・ファーガソンが退任し、デイヴィッド・モイーズ新監督が今シーズンからチームを率いるという、変わり目の時期を迎えている。アジア、そして、日本市場でのファン作りをどう進化させていくのか。マンUでアジア太平洋部門の責任者を務める、ジェイミー・リーグル氏(写真)に聞いた。

アジアでの試合放映が増えたことで人気急上昇

――マンUは全世界のファンが6.5億人、うちアジアのファンが半分の3億人強を占める。サッカークラブとして、アジアでの人気が、ほかのクラブよりも突出している理由は?

アジアでの人気という前に、なぜ世界中でこれだけの人気を博しているかについて話したい。

まず、マンUは非常に長い歴史に培われたクラブだ。つねに成功を収めてきたクラブでもある。何人もの偉大なプレーヤーを輩出し、何回も優勝している。プレーのスタイルも非常に攻撃的。そうしたことが世界中で高い支持を得てきたと思う。

次ページアジアツアーはマンUが先駆け
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT