ボルボ「V60」乗ってわかった最新進化の実力

V70後継の新型ステーションワゴンを解剖

ボルボが投入した新型V60(筆者撮影)

ボルボがステーションワゴン「V60」をフルモデルチェンジし、9月25日に日本市場へ投入した。

日本にもかつてステーションワゴンブームがあった

かつて日本市場にもステーションワゴンブームがあった。それは単なる販売台数の増加ということだけでなく、たとえばエアロパーツやインチアップしたタイヤ&ホイールなど、いわゆるアフターパーツマーケットを巻き込んだ一大市場を形成していた。いまではにわかに信じられないことだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

1980年代、欧州や北欧、そして北米の自動車メーカーは、こぞってステーションワゴンを世に送り出した。それらはステーションワゴンという呼び名以外にも、エステートやシューティングブレークなどとも呼ばれ、それぞれの土地で販売台数を着実に伸ばし始める。

日本市場にその流れが訪れたのは1980年代後半だ。スバル「レガシィツーリングワゴン」(当時の社名は富士重工業、現・SUBARU)、ホンダ「アコードワゴン」はステーションワゴン専用ボディとして、日産自動車「アベニール」、トヨタ自動車「カルディナ」は商用バンとボディこそ共用していたが、いずれも商用バンと決別を図った上質な装備をもち、使いやすく広々としたラゲッジルームをもったステーションワゴンとして市場へと導入されたのだ。

そんなステーションワゴンがもつ魅力が再認識されている。国産自動車メーカーでこそ、純粋なステーションワゴンボディを頑なに守り続けるのは、「レヴォーグ」を擁するスバルのみとなってしまったものの、ひとたび世界に目を向けてみれば百花繚乱とはいかないまでも、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディといったドイツ3強ではC/Dセグメントに立派なモデルを据え続けつつ、イギリスではジャガーがXFシリーズにステーションワゴンを展開するなどステーションワゴンはいまだに根強い人気を保ち続けている。

北欧スウェーデンのボルボもステーションワゴン歴を長くもつ自動車メーカーのひとつだ。1953年に登場した「PV445Duett」をルーツとするステーションワゴンシリーズは、1996年に登場した「V70」以降、いずれのステーションワゴンは多様性を意味するバーサティリティの頭文字をとった「V」を冠にもち、そのラインアップを絶やさず今に至る。

次ページV70の生まれ変わり
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。