マツダ「ロードスター」最新進化は何が凄いか

2.0Lエンジン搭載「RF」は26馬力アップ

マイナーチェンジされたロードスター(右)と「ロードスターRF」(筆者撮影)

マツダが「ロードスター」シリーズ(排気量1.5Lエンジンを搭載するソフトトップモデルと2.0Lエンジンを搭載するハードトップのロードスターRF)のマイナーチェンジを行った。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

新車発表から一定の期間を経て実施される変更を一般的にはマイナーチェンジと呼ぶが、マツダではマイナーチェンジと呼ばず「商品改良」と呼ぶ。ちなみに、ソフトトップモデルが2017年11月に商品改良を行っていたので、今回は現行のND型ロードスターとして2回目の商品改良となる。

2回目の商品改良では2.0Lエンジンを搭載するRFがより大きく進化した。「SKYACTIV-G 2.0」と命名された直列4気筒DOHC 2.0リッターエンジンに手を加えることで、出力とトルクの両方を引き上げつつ、エンジンの最高許容回転数を従来型から700回転高めて7500回転までを常用域としたのだ。これにより1.5Lエンジンを搭載するソフトトップモデルの美点であった高回転域まで気持ちよく回るエンジン特性をRFも手に入れたことになる。

大幅に性能向上した新型2.0Lエンジンの特徴

改良型2.0Lエンジンの具体的な変更点は高出力化。従来型では最高出力158馬力/6000回転、最大トルク20.4kgfm/4600回転であったスペックを、26馬力向上させつつその発生回転数を1000回転高めた184馬力/7000rpmに。一方、最大トルクも0.5kgfmを向上させた20.9kgfmへと高めつつ、その発生回転数を600回転下げ4000回転とした。これにより、低~中回転域でのトルク特性が向上し、高回転域ではパワフルさが加わった。これが新型2.0Lエンジンの特徴だ。

この大幅な性能向上はエンジン内部の各部に対して手を加えたことで達成されたものだ。まず、シリンダー内に空気を送り込むための吸気ポートに高回転/高出力化に適した「コモンポート形状」を導入。さらに、シリンダー内のピストンを各27g軽量化したうえで、高強度ボルトや肉厚の最適化によって41g減量したコンロッドを組み合わせている。

次ページRFをクローズドコースで走らせたら…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。