子どもが「問題児」になりにくい保育の神通力 幼児教育の経済学が示唆する可能性とは?

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小

これまでの国内外の研究では、幼児教育は子どもの発達にとって、おおむね有益であることが示されてきている。が、まだまだわかっていないことも多い。

幼児教育政策は進めていくべき

日本についていえば、幼稚園と保育園は、幼児教育という観点からみてどのような違いがあるのか、認可保育所と無認可保育所の違いは子どもの発達にどのような影響を及ぼすのかなどは、あまりよくわかっていない。

教育は身近な問題であるために、政治家や関係者の個人的な信念や思い込みで語られることが少なくない。ただ、そうした言説の正しさについては、これまでほとんど検証されてこなかった。幼児教育・保育については世界中で大きな研究の蓄積があり、一定の注意が必要であるものの、日本の幼児教育政策にも活かせるものが多い。

今後は、科学的根拠に基づいた幼児教育政策を進めることにより、税金を効率的に使い、次世代の社会をより良い方向に近づけていくべきだと、筆者は考えている。

参考文献
[1]Heckman JJ. Skill formation and the economics of investing in disadvantaged children. Science. 2006;312(5782):1900-1902. doi:10.1126/science.1128898

[2]Heckman JJ, Moon SH, Pinto R, Savelyev PA, Yavitz A. The rate of return to the HighScope Perry Preschool Program. J Public Econ. 2010;94(1-2):114-128. doi:10.1016/j.jpubeco.2009.11.001

[3]Berlinski S, Galiani S, Gertler P. The effect of pre-primary education on primary school performance. J Public Econ. 2009;93(1-2):219-234. doi:10.1016/j.jpubeco.2008.09.002

[4]Drange N, Havnes T. Early child care and cognitive development: Evidence from an assignment lottery. J Labor Econ. August 2018:700193. doi:10.1086/700193

[5]Felfe C, Nollenberger N, Rodríguez-Planas N. Can’t buy mommy’s love? Universal childcare and children’s long-term cognitive development. J Popul Econ. 2015;28(2):393-422. doi:10.1007/s00148-014-0532-x

[6]Schoenberg U, Cornelissen T, Dustmann C, Raute A. Who Benefits from Universal Child Care? Estimating Marginal Returns to Early Child Care Attendance. J Polit Econ. August 2018:699979. doi:10.1086/699979

[7]Cascio EU, Whitmore Schanzenbach D. The Impacts of Expanding Access to High-Quality Preschool Education. 2013 Brookings Panel Econ Act. 2013:1-54. doi:10.1353/eca.2013.0012

[8]Datta Gupta N, Simonsen M. Non-cognitive child outcomes and universal high quality child care. J Public Econ. 2010;94(1-2):30-43. doi:10.1016/j.jpubeco.2009.10.001

[9]Felfe C, Lalive R. Does early child care affect children’s development? J Public Econ. 2018;159(September 2015):33-53. doi:10.1016/j.jpubeco.2018.01.014

[10]Baker M, Gruber J, Milligan K. Non-Cognitive Deficits and Young Adult Outcomes: The Long-Run Impacts of a Universal Child Care Program.; 2015. http://www.nber.org/papers/w21571.

[11]Baker M, Gruber J, Milligan K, et al. Universal Child Care , Maternal Labor Supply , and Family Well Being. J Polit Econ. 2008;116(4):709-745. doi:10.1086/591908

[12]Yamaguchi S, Asai Y, Kambayashi R. How Does Early Childcare Enrollment Affect Children, Parents, and Their Interactions? Labour Econ. 2018.
山口 慎太郎 東京大学経済学部准教授

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

やまぐち しんたろう / Shintaro Yamaguchi

1999年慶應義塾大学卒業。2006年、アメリカ・ウィスコンシン大学で経済学Ph.D.取得。カナダ・マクマスター大学助教授・准教授を経て、2017年より現職。労働市場を分析する「労働経済学」と、結婚・出産・子育てなどを研究対象とする「家族の経済学」が専門。ツイッター:https://twitter.com/sy_mc

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT