「台湾・日帰り・一人旅」はこんなに楽しめる 年3回以上来訪者は入国審査もスピーディー

印刷
A
A

さて、今回、税関を通過する前にやることがありました。それは……

台北桃園空港のシャワールーム(photo © HITRIP)

シャワーを浴びること! 今年の夏の日本の灼熱っぷりで、羽田空港に着いた時点で結構汗だく。本当は羽田空港で浴びたかったのですが、夏場なためか羽田の有料シャワールーム(到着階ホールにあります)はなんと朝4時半なのに50分待ちの表示!! 飛行機出てまうがな!!と出国後のトランジットホテルのシャワーを、と思ったら、こちらも午前11時まで(なんだそれ)空きはナシ。

日帰り旅につき、このままシャワーを浴びずに過ごすとヘタしたら2日間ノーシャワー!! ひ〜〜っ!! というわけで、奥の手=台北桃園空港でシャワーを浴びました(機内ではちょっと汚いひとりっPだったかもですが、致し方ナシ)。

到着エリアに無料のシャワールームが

ほとんど知られていないと思いますが、じつは桃園空港第1ターミナル(LCCはほぼ第1ターミナル利用です)には到着エリアに無料のシャワールームがあるんです。それがこちら。荷物受け取りのターンテーブル2番と3番の間、すぐ奥にあります。

必需品のS字フック(photo © HITRIP)

中に個室は2つ。脱衣スペース付きです。このときは誰もいなくて、使用中ずっとひとりっP貸し切り状態。シャンプー(リンスインかどうかは不明)とボディシャンプーはありますが、当然コンディショナーはありません。というのを見越して、持参はしていました。

そして、これぞ「持っててよかった!」。ひとりっP的旅の必需品=S字フックのおかげで、荷物もろもろをシャワールーム内で快適にホールド。タオルはもちろんありません。←というのも見越して、かさばらない&速乾なマイクロファイバータオルを持参。ドライヤーはあります。が、自分の個室のものは壊れていたので、隣の個室のものを使いました。というわけで、無事さっぱり〜〜! このシャワールーム、もしも先客がいて満室の場合は待たされる可能性はあります。

今回の日帰りバッグ(photo © HITRIP)

今回の日帰り旅バッグはこちらの2つ。アンビリーバブルな軽さ&インクレディブルに入る容量底ナシっぷりでLCC旅にはほんと重宝している、レスポートサックのエッセンシャルシリーズ。ななめ掛けできる「メトロコンバーチブル」(小さいほう)にはお財布、パスポートなど貴重品を、「シティトート」(大きいほう)にはその他を入れています。

次ページ使わないものは空港内のコインロッカーへ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT