ハッキリしてほしい、就活中の「クールビズ」

学生を汗だくにする企業のあいまいな指示

企業の「クールビズで」という服装指示が就活生を迷わせる(写真:Fast&Slow / PIXTA)

「就職活動=黒スーツ」は日本だけの風景。当事者である就活生と企業はどのように考えているのか。

人事関係者にとって、黒のリクルートスーツは見慣れたファッションだが、就活生以外で黒のスーツを着ているビジネスマンはまれだ。通夜や告別式以外で見ることはほとんどない。滅多に見ない服装なので、会社訪問する黒スーツ姿の就活生は目立つ。

「就職四季報」特設サイトはこちら

春先でも就活生は異様に見えるが、連休を過ぎて気温が上がり、梅雨を過ぎ、高温多湿な夏になっていくと、さらに違和感が増す。というのも、ビジネスマンのファッションはむしろカジュアル化しており、就活生の堅苦しい服装との差が目立つからだ。

総務省の家計調査によれば、1世帯あたりのスーツ(背広、ネクタイ、ワイシャツの合計)の年間支出額は、1991年(バブルがはじけ始めた年)に2万5000円超とピークを迎えた。ところが25年後の2016年には、6959円と3割以下まで減少した。

クールビズ推奨企業は36%に過ぎない

2011年に底を打ち、横ばいになっているが、これは3月の東日本大震災の影響だろう。震災被害によって電力危機が起こり、暑くなってもエアコン使用を控え、クールビズが一気に普及。ビジネスファッションに対する意識も一変し、夏冬を問わずスーツ姿が減り、ネクタイを見ることは少なくなった。以前から服装が自由なIT企業が増大したのも、拍車をかけた一因だろう。

気象庁の調査によれば、クールビズの認知度は98.3%と高いが、「クールビズを実施したことがある」という回答は61.5%だった。

HR総研が今年6月に実施した調査でも、「クールビズを推奨したか」という設問で、「推奨した」企業は36%。企業規模はあまり関係ない。そして推奨した理由で圧倒的に多いのは、「自分たちがクールビズだから」と言うものだ。

「弊社もクールビズを行っているため」(301~1000人、メーカー)
「当社側もクールビズを実施しているため、自社セミナーではクールビズを推奨している」(301~1000人、商社・流通)
会社としてクールビズを行っているので」(300人以下、情報・通信)

クールビズを「特に推奨していない」企業は3分の2近くある。かなり多い。その理由はいろいろある。

次ページ推したところで意味がない?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。