日本の中年男性がハマる「タテ社会の孤独」

共感力を失う人がなぜ続出するのか

人の健康や幸福に最も影響を与えるのは、食生活でも、たばこでも、アルコールでもなく、実は人間関係。これは、最近の欧米の数多くの研究で明らかになっている事実だが、日本でも、「つながり」こそが健康満足度や幸福度に強く影響を及ぼすことを示す研究結果が8月に発表された。

東京大学の赤川学准教授(社会学)の研究チームが川崎市の市民2400人に行った調査で、「水平的なネットワークに参加するほど幸せである」と結論づけられたのだ。水平的ネットワークとはボランティアやスポーツ・趣味などのグループを指し、幸福であると答えた人の割合は、そうしたグループに参加している人が83.1%だったのに対し、参加していない人では74.2%だった。

また、健康に満足という人の割合は「地域を信頼している」という人が60.2%だったのに対し、「信頼していない、どちらともいえない」が42.3%と大きく差が開いた。興味深いのは、どのようなつながりでもいいわけではなく、「タテのつながり」については、まったく、健康や幸福度に影響を及ぼさなかったということだ。

収入の差、性別、学歴、年齢なども、健康や幸福度と関係はなく、有意に関係性がある、とみなされたのは、「地域への信頼」と「水平ネットワークへの参加」のみであった。

自発的に参加する人間関係こそが健康と幸福のカギ

会社などの義務的な組織におけるつながりではなく、自らの意思で自発的に参加するコミュニティや友人、知人関係が、人生の質に大きく影響するということだ。

裏返せば、超タテ社会組織の中でどちらが上で、どちらが下かに縛られたり、競い合ったりする関係性からは、孤独を癒やすつながりが生まれることはないし、そうした閉塞的な人間関係をベースとした組織というカゴに閉じ込められたままでいると、羽を失い、「外の世界でのつながり方」を忘れ、孤立してしまう可能性があるということになる。

そういった意味で、「肩書」や「地位」「名刺」など、タテ社会の象徴物に依存する生き方は極めてリスクが高い。会社やその中での立ち位置に自分のアイデンティティを規定されるのではなく、「個」としての自立、独立、つまり「個独」であることが、「孤独」にならない秘訣だ。

抑圧的なタテ社会、組織に疲れ、人付き合いそのものを煩わしいと思ってしまいがちな日本人は多い。しかし、そういう人たちでさえ、何カ月も誰にも会わず、話さず、頼れる人は誰もいない、といったことを求めているわけではないだろう。「ひとり」の時間を大切にしながらも、居心地のよい「ヨコのつながり」の中に自分の存在価値を見出すことが、健康と幸福のカギ、ということなのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT