私がそれでも道徳の「教科化」に賛成するワケ

「自由、民主主義、愛国心」を論理的に考える

通知表に道徳の評価が記載されるようになった(写真:あんみつ姫/PIXTA)
今年4月から、小学校の「道徳」が「特別の教科」に格上げされている(中学校は2019年4月から)。これに伴い、通知表に「評価」が初めて記載された。
だが現在でも、「道徳」教科化に対しては戦前の「修身」の復活ではないか、と批判する意見もある。
本稿では、近著『大人の道徳』を刊行した気鋭の教育学者が、それでも道徳教育が必要である理由を解き明かしていく。

「道徳の教科化」は「いじめ対策」ではない

子どもたちの1学期の通知表に、「道徳」の「評価」がはじめて記されました。いったい何が書かれているのやらと、気になって興味深く読んだという保護者の方も多いのではないでしょうか。

と言っても、実はあれは、現場の教員たちも何をどう書いたらよいのやらと戸惑い、結局、テンプレート集のようなものが多数出回ったようです。多くの教員が、それに落とし込むことでなんとかやり過ごした、というのが実情のようですので、苦労して書いた先生方にはたいへん失礼な言い方ですが、保護者としても、あまりまじめに読むほどのものでもなかったのかもしれません。

『大人の道徳』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

あらためて簡単におさらいしておくと、小中学校の「道徳」は、これまでは、「道徳の時間」と呼ばれる「教科外活動」の1つでした。ところが、2015年に学習指導要領が一部改訂されて、これが「特別の教科 道徳」に変更されました。「特別」ですから、国語や算数などの教科とは別の扱いではありますが、それでも、これからは「道徳」を、「教科外活動」ではなく、「教科」として、きちんと子どもたちに教えなさい。そして、「教科」である以上、子どもたちを「評価」しなさい、ということになったわけです。この「特別の教科 道徳」が、小学校では、今年4月から始まりました。中学校では、来年4月から始まります。

次ページ「道徳の教科化」のタテマエ上の理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT