春名風花「今、学校に行きたくないあなたへ」

だから、僕は君に生きていてほしい

「僕は君に生きてほしい」女優の春名風花さんはそう語ります(写真:不登校新聞)
今回のインタビューは、女優の春名風花さんにお話をうかがった。春名さんが小学生だった2012年、朝日新聞の企画に投稿したコラム「いじめている君へ」が8月20日、絵本として出版されることになった。絵本に込めた想いとは何か。高校生となった今、いじめをどう考えているか。そして、今の時期に子どもの自殺が増えることについても、うかがった。

僕が話をしたいのは子ども

――絵本を出版するにあたって、こだわった点についてお聞かせください。

当記事は不登校新聞の提供記事です

今回の絵本は、2012年に僕が書いた「いじめている君へ」がベースになっています。当時、多くの反響をいただきましたが、読んでくださった方の多くは大人だったと思います。でも、僕が話をしたいのは子どもなんです。なるべく絵で見せるということにこだわりたかったので、僕が以前からファンだったみきぐちさんにお願いしました。本のサイズや質感にも気を配り、お守りのように長く持ち続けてもらえる絵本を目指しました。

――個人的には表紙の絵に心を揺さぶられました。春名さんのお気に入りの絵は?

ひとつは、子どもが自分の顔を両手でおおっている絵です。最初にいただいたラフでは、手のひらが外側を向いていたんです。でも、いじめでつらいときには、手のひらは内側に向くような気がして。そのほか、いじめに関する記事をいろいろ引っ張ってきて「どういう絵ならば、この子に届くだろうか」と、装幀の担当者も交えて何度も話し合いました。

絵本のなかでは「命」の話もしています。みきぐちさんが描く生々しいまでの赤ちゃんの絵に魅了されたことが今回のご縁にもつながっているので、赤ちゃんの絵は欠かせないって思ったし、子どもが無邪気に駆けていく足の部分だけを描いた絵も好きですね。少しだけ、はかなさを感じるというか。あとは仔猫の絵も…って、あげ始めたら全部になっちゃいますね(笑)。

次ページ送信機と受信機、何とかすべきは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。