リリ-・フランキー「絶望している人たちへ」

5年のひきこもり経験から思うこと

10代、20代の不登校・ひきこもり当事者から相談を受けるリリー・フランキーさん(写真:石井志昂)

カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した映画『万引き家族』(是枝裕和監督)で主演を務めるリリー・フランキーさん。じつは5年のひきこもり歴があるひきこもり経験者でもある。『不登校新聞』の編集長・石井志昂さんと、10代、20代の不登校・ひきこもり当事者ら男女5人が「いまの自分の悩み」をぶつけた。リリー・フランキー流の「生きやすくなるコツ」を紹介する。

まったく自信がもてない、どうしたらいいでしょう

当事者A(10代・女性):今日はよろしくお願いいたします。私は中学2年生から不登校をしています。いじめを受けたせいか、まったく自分に自信が持てません。どうしたらいいのでしょうか?

当記事は、AERA dot.の提供記事です

リリー・フランキー(以下、リリー):キミ、いまいくつ?

当事者A:18歳です。

リリー:18歳で自信満々なヤツなんて見ていてイライラするだけだから、そのままでいなさい。大人だって揺らぐし自分に自信がないのはいいことです。

当事者B(20代・男性):私も悩みを相談させてください。私は小学生で不登校をし、その後は高校・大学へと進み、いま就職活動中です。しかし自分に自信がないからなのか、どこへ就職したらいいかわからないんです。どこへ行ったら自分に向いているのか、成功するのか。ネガティブな想像はいくらでも思いつくんですが、ポジティブな想像ができません。

リリー:そういう予想って当たる?

当事者B:バイトならば想像とちがうときもありました。

リリー:予想は覆ります。さきのことは考えなくていいんです。みなさんは若いんだからバカなんです。みなさんが想像できる世界なんて先なんてたかが知れています。まじめに考えていたら、職業を選んだり友だちを選んだりしなきゃいけません。それって現実をよけいに難しくさせていることなんです。ちゃんと考えたつもりなのに結果がちがう、それが苦しくなる原因です。考えすぎるのはよくありません。

当事者C(20代・男性):考えすぎがよくないのならば「身体の反応」で決めるというのはどうでしょうか。自分の不登校をふり返ると「学校に身体が合わなかった」というのが結論です。いじめがあったとか、先生がいやだったとか、そういうことも思いあたりますが、なにより学校へ行こうとするとお腹が痛い。学校のある日の朝は眠すぎて起き上がれない。これってアレルギーとかといっしょで「身体が学校に拒否反応を示している」ってことかなと思うんです。

次ページ予想はアテになりません
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。