不登校児をゼロにした元中学校長の「非常識」

子どもを育てる学校マネジメントとは何か

大人の思い込みを子どもに押し付けるのでは、不登校はなくならない(写真:xavierarnau/iStock)
公立学校でもここまでできる。子どもを育てる“学校マネジメント”とは。『クリエイティブな校長になろう』を書いた広島県の平川理恵教育長に聞いた。

──広島県に赴任し、1カ月半ですね。

今までに40を超える公立の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校に足を運んだ。夏休みまでの約3カ月で県内23の全市町にあるすべての公立学校を回ろうと、むちゃな要望を事務局に出した。県議会開催などもあるので、7月17日を最終日として訪問する予定にしている。

──幼稚園を除いても県内の公立学校数は800校を超える?

市町立学校を合わせると、小中が714校。高校が94校、特別支援学校が18校。児童・生徒数は27万人を数える。

──前任の横浜市立中川西中学校のような、生徒数が1000人を超えるところは?

いくつかはあるが、小学校でも多いところで800人ぐらい。

──この本は横浜の中学校での話が中心ですね。

3月末に刊行して、校長としての8年に区切りをつけた。

教育界も理念が大事

──はっきりした理念を打ち出していますね。

10年前までビジネス界にいたが、そことの違いはおカネや利益のことぐらいであり、教育界も理念が大事だと判断した。校長としてもマネジメントのやり方は同じでよかった。

──「自立貢献」をモットーに。

広島県でも、自立貢献を教育の個人的な理念の柱としている。

皆さんも、たぶん今の日本の沈滞ムードを何とかしなければと思っていることだろう。だがその一方で、自分が頑張らなくても誰かがやってくれるとも思っているかもしれない。そういうメンタリティが大いにあると、校長就任時から、厳密に言えば10年前からずっと思っていた。覚えられないような教育目標を掲げるのではなく、一言でまとめた教育理念として、自立貢献を「上位目標」に掲げてきた。

次ページ「貢献にはいろいろな形がある」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。