大人が思うより子どもには世界が見えている

亡くなった母が遺した「告白文」に息子は…

息子の家庭教師になった青年の、意外な過去とは……(イラスト:Masami Ushikubo)

カイがうちに初めてやってきたとき、私は、彼についてほとんど何も知らなかった。

紫原明子さんによる新連載。この連載の一覧はこちら

彼が大学院を休学中の22歳であることと、亡くなった祖父は作家だったらしいこと。カイについての情報は、ほとんどこれだけ。

祖父の名前を尋ねたこともあったはずだが、読んだことがなかったのですぐに頭から抜けてしまった。素性もよくわからないうえに、かなり長身でガタイの良い青年を、よくやすやすと家族で暮らす自宅に招き入れたなあと思う。

「今どきの若者」は仮の姿?

カイとは、イベントや仕事の場で、何度か続けて顔を合わせたことをきっかけに話をするようになった。だいたいいつも、ヨレヨレの汚いTシャツと、気の抜けたジャージか半ズボンをはいている。

会うなり、「昨日は酒場で飲みすぎたんすよ。道路で寝てて、起きたらTシャツがビリビリに破れてた」とか「大学院、どうすっかな〜。勉強って、ちょっともう飽きちゃったんすよね」とか「女の子が……<省略>」とか。多くの人が“今どきの若者”と聞いて連想しそうなことばかりよく話す。

けれども、よくよく観察すると、そこに妙な違和感がある。どことなく「コスプレ」みたいにそういうことをしているようにも見えるのだ。いずれにしても、ちょっとえたいの知れない人物だった。

ところが不思議なことに、そんなカイに私は、ふと思い立って「暇なら息子の勉強をみてくれない?」と頼んでしまったのだ。すると彼は「全然いいっすよ」と二つ返事で快諾。そんな経緯で、息子の家庭教師をやってもらうことが決まった。

次ページ作家だった母が遺した言葉
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。