最新!売れ筋「ビジネス書」200冊ランキング

「死ぬこと以外かすり傷」が2週連続の1位に

『死ぬこと以外かすり傷』が、2週連続で1位を獲得しました(画像:Fast&Slow / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、8月19日~25日のランキングだ。

なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『死ぬこと以外かすり傷』が2週連続の1位に

今週(8月19日~25日)は『死ぬこと以外かすり傷』(箕輪厚介著、マガジンハウス)が2週連続の1位を獲得した。8月23日に売上の山ができているといい、著者が日テレ「スッキリ」に出演したことが影響した模様だ。

第2位は『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』(ふろむだ著、ダイヤモンド社)、3位は『学びを結果に変えるアウトプット大全』(樺沢紫苑著、サンクチュアリ出版)だった。先々週週まで10週連続で1位だった『一分で話せ』は4位まで後退した。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT