最新!売れ筋「ビジネス書」200冊ランキング

「お盆休み」に一番売れた本はコレだ!

『1分で話せ』の11週連続1位を阻んだ一冊は?(画像:Fast&Slow / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、8月12日~18日のランキングだ。

なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『死ぬこと以外かすり傷』が初登場1位だが・・・

アマゾンの集計によると、今週(8月12日~18日)は『死ぬこと以外かすり傷』(箕輪厚介著、マガジンハウス)が初登場で1位を獲得した。

なぜ、一般のビジネスパーソンにとってさほど関心のなさそうなテーマの書籍が大きな快挙を成し遂げたのか。「ニコニコ動画」での放送の影響も見られるが、1オーダーで300~500冊購入した人が複数人いたことが大きく影響したという。良いか悪いかは別として、アマゾンではそうした「集中購入」によって、1位を獲得することは可能。ただし、今週に入っても上位を維持しており、瞬間的なブームではなさそうだ。

第2位は『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』(伊藤羊一著、SBクリエイティブ)だった。先週まで10週連続で1位だった本書が、ついにその座を奪われた。ただ、売れ行きはいまだに安定しているという。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。