最新!売れ筋「ビジネス書」200冊ランキング

「お盆休み」に一番売れた本はコレだ!

『1分で話せ』の11週連続1位を阻んだ一冊は?(画像:Fast&Slow / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、8月12日~18日のランキングだ。

なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『死ぬこと以外かすり傷』が初登場1位だが・・・

アマゾンの集計によると、今週(8月12日~18日)は『死ぬこと以外かすり傷』(箕輪厚介著、マガジンハウス)が初登場で1位を獲得した。

なぜ、一般のビジネスパーソンにとってさほど関心のなさそうなテーマの書籍が大きな快挙を成し遂げたのか。「ニコニコ動画」での放送の影響も見られるが、1オーダーで300~500冊購入した人が複数人いたことが大きく影響したという。良いか悪いかは別として、アマゾンではそうした「集中購入」によって、1位を獲得することは可能。ただし、今週に入っても上位を維持しており、瞬間的なブームではなさそうだ。

第2位は『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』(伊藤羊一著、SBクリエイティブ)だった。先週まで10週連続で1位だった本書が、ついにその座を奪われた。ただ、売れ行きはいまだに安定しているという。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。