剛力彩芽のSNS恋愛投稿は一体何がマズいか

オープンなのは結構だがビジネスには悪影響

また、前澤さんは、「出る杭は打たれる、ということなので、出すぎた杭は打たれない、ってなるまで出てしまおう。何事も突き抜けてしまえばね」ともツイートしていましたが、このスタンスは「自分さえよければいい」という利己的な印象が強く、ビジネスパーソンにはおすすめできません。「自己責任で済ませられず、迷惑をかけてしまう人がいる」「少なからず、悲しい思いをさせる人がいる」のであれば、やはりインフルエンサーであるほど、利他的な発想が求められます。

プライベートで「絶対の自信」は持たない

3つ目は、すでに多くの人が指摘している、未来のリスクについて。

これまで私は恋愛から夫婦、友人間、職場、地域まで、人間関係にまつわる相談を2万組以上受け続けてきました。思い悩む相談者さんたちの口から、何度となく「人間の感情に絶対はない」「どんな約束をしても安心できない」「時間の経過や環境の変化で人は変わる」というシビアな現実を聞いてきたのです。

たとえば、「何があっても愛し続ける」「絶対に離婚しない」「この人は死んでも裏切れない」「ずっとついて行きます」と言われていた人が、相手の心変わりによって深い悲しみに襲われてしまう。しかも「相手は素直で誠実な人柄の持ち主だから、余計やり切れない」というケースを繰り返し見てきました。

剛力さんは「後悔しない」という自信があるからこそ、あれほどせきららな投稿ができるのかもしれませんが、まだ20代の若さを考えても、過信である可能性が高いでしょう。そもそも自信は、経験や実績に対して持つのが自然であり、自分の感情に自信を持つことほど、意味のないものはありません。

過去の感情を振り返ってみると、1年前、5年前、10年前、30年前は、どうだったでしょうか? 誰しも少なからず「当時と今の感情は違う」「なぜあんなに自信があったのかわからない」という実感があるものです。そのような過去の実感を踏まえて、1年後、5年後、10年後、30年後の姿を思い浮かべたとき、「絶対」という自信は持てないでしょう。

とりわけ剛力さんのような芸能人や、ビジネスパーソンでもインフルエンサーにあたる人は、過去の発言や振る舞いを掘り起こされ、報じられる可能性があるだけに、自分の感情を絶対視しないのが得策。もし現在インフルエンサーでなかったとしても、「将来なるかもしれない」「なりたいと思っている」のであれば、SNSにおけるプライベートの主義主張は、避けておいたほうがいいでしょう。ビジネスでの主義主張は、信頼やカリスマ性にもつながる必要なものですが、その感覚をプライベートに持ち込むのはリスクが大きすぎるのです。

SNSは、「多くの人々に見せられる」という攻めに強い反面、「見られたくないときに、見られたくない人に見られてしまう」という守りに弱いところがあります。剛力さんや前澤さんのように、そのコメントが記事化されてしまう人であれば、なおのことです。

次ページ再びインスタ投稿を削除したほうがいいか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。