剛力彩芽のSNS恋愛投稿は一体何がマズいか

オープンなのは結構だがビジネスには悪影響

では、剛力さんにとってSNSでの発信は、どんな問題があるのでしょうか? その問題とは、ちまたで言われているような「嫉妬心をあおる」「嫌われるだけ」などの感情論よりも、はるかにシビアな3つのリスク。ビジネスパーソンのみなさんにも通じるものがあるだけに、自分に置き換えながら考えてみてください。

ZOZOのPRは明らかな公私混同

1つ目のリスクとして真っ先に考えなければいけないのは、剛力さんがSNSで恋愛関連の投稿をすることで「失ってしまう」もの。その最たるものは、ファン、スタッフ、スポンサー、同僚や先輩などの信用です。

「SNSを楽しむのは個人の自由」は正論ですが、職業や立場によってはNG。剛力さんで言えば、仕事のオファーが減り、事務所の業績を落とすような投稿は好ましくありません。契約中のスポンサー企業に対しても、商品不買の要因になり得るなど、看過できないダメージを与えかねないのです。

なかでも業界内で問題視されているのは、ZOZOTOWN関連の投稿を続けたこと。現在のスポンサーが「何でZOZOだけ」「公私混同だ!」と難色を示すなど、ほかの企業や広告代理店の関係者などが「あぶなっかしくてオファーできない」と新規スポンサーがつきにくくなってしまいます。

もともと女優は作品ごとにさまざまな役柄を演じるほか、企業CMやイベントに出演する機会が多いため、特定のイメージがつくのはマイナスでしかありません。たとえば、強烈なイメージのある女優は、「どんなに演技力を持っていたとしても、それを見せる前の段階で敬遠されてしまう」など技量ではカバーできないところがあるのです。

そんな状況を避けるために、芸能事務所のスタッフは日ごろからプライベートの扱いには慎重。交友関係から趣味嗜好まで事細かく指導する事務所もありますし、特に恋愛、夫婦生活、子育てなどは、最も仕事に影響しやすいものだけに要注意と言われています。

その点、剛力さんは、「いったん批判を受け入れて全削除したあとに、それまで以上の投稿をしている」という点が大問題。世間の人々に「私たちの声を無視して開き直った」「あの謝罪はうそだった」と思われてしまう可能性が高く、本人はもちろん関係者やスポンサーへのダメージも危惧されます。

次ページ気持ちは理解できるがファンやスポンサーには関係ない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT