「LINE Pay」と「Kyash」おトクなのはどっちか

「裏ワザ」で利用額の3%以上の還元も?

Kyashのリアルカードは使い方によっては利用額の3%以上の還元もあるという。LINE Payカードなどと比べどんな使い方をするのがオトクなのか?(写真:chachacha/PIXTA)

読者の皆さんは、今年5月末、「LINE Payカードショック」が勃発したことをまだ覚えておいででしょうか(詳しくは「『LINE Payカードショック』は残念なのか」を参照ください)。LINE Payについてはこの8月からは「マイカラー制度」が改正。その前の6月にはKyash社が運営する同名の送金アプリ「Kyash」から決済の2%がキャッシュバックされる実物カードの発行もスタートしました。読者の皆さんは、もしかしたら自分が持っているカードの運用に悩んでいる方も多いかもしれません。

実際、わが家でもこの数カ月でようやくパターン化できたように思うので、今回は皆さんにLINE PayやKyashについての私のケースを詳しくご紹介してみます。

ついに下から2番目の「レッド」に転落!

まず6月から適用されたLINE Payのマイカラー制度について改めてご説明しましょう。毎月利用度に応じて判定される「カラー」(色)によって、ポイントの付与率が変わります(ホワイト→レッド→ブルー→グリーンの順に付与率が高くなる)。当初、カラー判定については相対評価だったり、ポイント付与についても「月間10万円の支払いまでが対象」だったりしたため、困惑したユーザーも多かったのではないでしょうか。

実は私も「QRコード決済にもポイントがつくかもしれない」と考え、前向きにとらえようと思っていましたが、詳細が発表されると愛用する決済手段としては難しくなるかもしれないなと感じました(実際、2018年8月1日~2019年7月31日の1年間は、QRコード決済のポイント付与についてはある程度期待していたとおり「3%上乗せ」になり、この点はやや朗報なのかもしれません)。

8月からの制度改正でカラー判定基準は明確になりましたが、月間5人以上のユーザーに送金しなければ最上位のグリーンになれない等、LINE Payは、送金機能に比重を置いた内容になりました。私も6月、7月はなんとかグリーン(付与率2%)を維持していましたが、8月はレッド(付与率0.8%)に転落。これを機に、本格的にカードの運用を見直すことにしました。

次ページKyashのリアルカードは結構オトク?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。