「LINE Payカードショック」は残念なのか

「利用金額の2%還元サービス終了」は悲報?

LINEが「LINE Payカード」でつけていた2%還元サービス終了を発表、一部の人に衝撃が走っている。しかしモバイル決済という観点から見ると別のことが言えそうだ(写真:Uchico/PIXTA)

今やLINEは老若男女が使っているメッセンジャーアプリですが、同社のサービスは金融などほかの分野に広がっています。

突如発表!LINE Payカードの「2%還元」終了へ

そのLINEでちょっとした「事件」が起きているのをご存じですか? きっかけは3月30日の同社のHPで発表されたリリース。そこには「カード好き」「ポイント好き」の人たちが「震撼」するような内容が書かれていました。いろいろなところで使えて、しかも2%という高還元率で名高い「LINE Payカード」が、5月末をもってポイント特典を終了するという内容だったからです。

ネットには「【悲報】LINE Pay2%還元終了のお知らせ!」などといった「速報」が数多く寄せられました。

確かに、過去にも、有名な高還元率カードは内容変更をする例が多く、高還元率カードの内容変更はいわば宿命とも言えます。しかし、やはりメインカードとして積極的に活用していた人にとっては、かなりショッキングなニュースには違いありません。

一方で、今回の同社のリリースは本当にただの「改悪」で、「残念」なだけなのか、さっそく考えてみたいと思います。

「LINEPayカード」は5月末で2%還元を終了へ。ショックが走った(筆者撮影)

そもそもLINE Payカードは2016年3月に発表されました。おカネを先に入金して利用する「プリペイド」型のカードで、JCB加盟店でおおむね利用することができます。クレジットカードとは違い、先におカネを入れて使うため家計管理がしやすく、そのうえ、還元率が2%とあって、カード業界では瞬く間に話題の中心になりました。

私もサービス開始後すぐに申し込み、使い始めましたが、2016年は4~12月のわずか9カ月間で約5万円相当のポイント還元を受けました。iPhoneやパソコンを買い換えたり、一時的に還元率4%というキャンペーンを実施していた時期もあったため、余計にまとまった恩恵を受けました。付与されたポイントはLINE Payの残高としてチャージできるため、まさにさながら現金のような使い勝手です。

次ページLINE Payカードは「異端」の存在だった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。