LINE、業績絶好調でも拭えない3つの「不安」

NAVERまとめ「新方針」の進捗は?

決算はまさに絶好調。利益も急速に拡大しているが…(撮影:梅谷秀司)

「これからよりグローバルに戦っていかなければならない中、次の挑戦のための準備が整ったという印象だ」。終わった期についての感想を記者から問われた出澤剛・LINE社長は、淡々と答えた。

国内最大のコミュニケーションアプリを手掛けるLINE。同社が1月25日に発表した2016年12月期の通期決算は、売上高が前期比16.9%増の1407億円、営業利益は同10.1倍の198億円と大幅な増収増益だった。

貢献が大きかったのは広告事業だ。LINEアプリの月間ユーザー数は、主要4カ国(日本、台湾、タイ、インドネシア)で1億6700万人に到達。前期比では15.4%増えており、そのリーチ力を広告宣伝やマーケティングに活用しようとする企業が着実に増えている。

今期は広告メニューの拡充に注力

具体的には、企業がユーザーに個別メッセージや広告を送信できる「有料公式アカウント」の開設数が伸長。また、アプリの代表的な機能である「タイムライン」や「LINE NEWS」の閲覧数が拡大し、これらのページ内に掲載されるパフォーマンス型広告の売り上げも急拡大している。

1月にスタートした今期は、動画広告の掲載範囲を拡大するなど、広告主のニーズに合うメニューの追加に力を注いでいく。ユーザー同士のトーク画面には広告を表示しないなど、これまで通り「ユーザーにとっての使い勝手をいちばんに考えて運用する」(出澤社長)方針だが、広告事業の拡大はまだまだ続きそうだ。

すこぶる順調に見えるLINEの業績。だが、不安の種もある。そのひとつが広告に次ぐ収益柱であるゲーム事業だ。

次ページゲームの不安とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。