絶好調グノシーが「マンガ」から撤退した事情

利益を大幅上方修正、株価は上場来高値に

「ニュースパス」(左)と「グノシー」(右)。異なる特徴を持つ2つのアプリが強みだ(撮影:尾形文繁)

久々にベンチャー企業の爆発力を見せつけた。ニュースキュレーションアプリを展開するGunosy(グノシー)が絶好調だ。

1月13日に発表した2016年6〜12月期決算は、売上高が当初計画の2割増となる36.4億円、営業利益は同1.9倍の6.2億円だった。通期予想も、売上高は従来の65億円から77億円に、営業益は8.6億円から14.2億円に上方修正し、翌営業日の株価はストップ高となった。

牽引役は、アプリ内で配信する広告だ。ユーザー数の増加で、主力商品の一つであるインフィード広告(アプリのタイムラインに表示される広告)などが大幅に伸びた。

累計ダウンロード数は合計1800万超に

主力アプリ「グノシー」のダウンロード(DL)数は1695万に達し、6月には大株主のKDDIと共同で提供する「ニュースパス」(146万DL)も加わった。芸能・エンタメ系ニュースを前面に出すグノシーに対し、ニュースパスは政治・経済や社会的ニュースも扱う。タイプを分けたことで「食い合うことなくユーザー層が広がっている」(福島良典CEO)。

広告効果を高める施策も収益を押し上げた。ユーザーの年齢を推定する機能を刷新し、性別や居住地域の情報と組み合わせて、よりユーザーの興味や関心に合った広告を配信できるようになった。

今期はCM宣伝費を積み増したが、そのうえで計画以上の利益を出したことから、同社の好調ぶりがうかがえる。

次ページ安定的に黒字を計上
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。