グノシー福島CEO「ユーザー激増はまだ続く」

新たなアプリも投入、成長は鈍化していない

「今もかわらずベンチャー企業です」、福島CEOは再び急成長を実現することができるか?
新聞や出版社をはじめ、さまざまなネットメディアの記事をスマートフォンなどに配信するニュースアプリ運営のGunosy(グノシー)。同社は2015年4月に東証マザーズに上場。業績予想の修正を重ねたこともあったが、2016年5月期は広告事業を伸ばし、大幅な増収増益で着地した。足元では大株主のKDDIと事業面で連携を進めている。成長の道筋をどう描くのか。現在28歳の福島良典社長に聞いた。

 

――KDDIと組んで、6月から新しいニュースアプリ「ニュースパス」を始めた。同種のアプリである「グノシー」との違いは。

グノシーはユーザーが面白いと思うコンテンツを、ニュースに限らず配信していった結果、自然とエンターテインメント性の強いメディアになった。これと反対に、ニュースパスは、社会性の強いニュースを押さえたいニーズに応えている。

グノシーでは取れていないユーザー層を獲得する狙いだ。アプリの場合、使用目的が一つに限定される傾向が強いので、分野別にサービスを切り分けるのが得策だと思っている。狙うユーザー層は違うが、グノシーとニュースパスは記事を配信する仕組みなどをかなり共通化できているので、実は新たな開発コストはほとんどかかっていない。

ニュースパスは試験的にアプリ内の検索機能を導入しているが、個々のユーザーに必要なニュースを素早く快適に表示するサービスの基本的な概念は変わらないのでコストをかけずに済んだ。さらに、アプリの宣伝費については基本的にKDDIが負担している。

ガラケーから乗り換える層にアピール

――ニュースパスはどのように利用者の獲得を進めるのか。

KDDIの顧客を通じて広げていきたい。たとえばKDDIのスマホに、あらかじめニュースパスをインストールする計画を進めている。これができれば、従来型の携帯電話からスマホに移行した高齢者など、自発的にアプリをダウンロードしない層にも使ってもらえる。いつから実施するかは決まっていないが、少なくとも今期中には始めたいと思っている。

また、エンタメ分野ではコンテンツを求めるユーザーが自ら進んでアプリをダウンロードする傾向が強いが、社会的なニュースをひとまず押さえたいユーザー層は、それほど能動的ではないだろうと予想している。そうした層にとって、KDDIと組んだアプリはすごく安心感もあって、相性が良いだろう。

次ページニュースアプリのライバルは減っている?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。