グノシー福島CEO「ユーザー激増はまだ続く」

新たなアプリも投入、成長は鈍化していない

――AI(人工知能)のニュースが毎日のように出るようになり、非常に注目されている。ただ、グノシーの場合は上場前に比べて、あまりAIの活用をアピールしなくなった印象だ。

グノシーが人工知能をアピールしていないとは思わないが、変な形でアピールする企業が増えたせいで、目立たなくなったのかもしれない。われわれの考えでは、ユーザーの問題解決をしていなければ、人工知能を使っていても意味がないと思う。

使っている技術自体を投資家向けにアピールしようとするのは、間違った欲望だ。実際にその技術を使った結果、どのくらい社会が豊かになり、会社にいくら利益が出たのかを伝えるべきではないか。

もちろん、人工知能は大きなトレンドなので、人材やノウハウの集め方はすごく意識している。実際に、人工知能に詳しい人の間では、われわれのプレゼンスは非常に高い。ほかの会社では採用できないような優秀な人材を獲得できているし、「人工知能と言えば当然、グノシーでしょ」というくらいの水準にある。

(撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。