シンガポールで「財布持たない族」急増のワケ

ブタ財布を持ち歩くのは日本人や中国人だけ

シンガポールでは、マネークリップやキーケース、カードケース(左)や超小型財布(右)にカード1枚を入れて外出するのが当たり前。現金をたくさん入れた「豚財布」を持っているのは日本人や中国人くらいなものだという(写真:筆者撮影)

シンガポールに移住して3年。同国と日本を行ったり来たりしているファイナンシャルプランナーの私の目から見て、日常生活における日本との大きな違いの一つが、キャッシュレス化です。たとえばシンガポールではこんな光景が当たり前になっています。

「今日、お財布忘れちゃって。銀行の送金サービス、使ってる?」

「携帯の番号で送金できるやつだよね。スマホで今、あなたの番号を登録したから使えるよ」

「ありがとう。じゃあ今から送金するね。このあいだフリマアプリで落札したんだけど、これで決済できた。ホント、便利だよね」

もちろん、飲み会で「割り勘」をするときも、銀行の送金サービスで瞬時におカネの受け渡しができます。シンガポールでは携帯の番号から瞬時に資金移動ができるサービスを大手銀行が提供しているので、口座さえあれば登録もスムーズですし、集金したおカネはそのまま残高に反映されるのです。

日本の「送金アプリ」は、かなり使いづらい

日本でも割り勘をする場合は「LINE Pay」「Kyash」「paymo」などが使えるのですが、便利なはずなのに、なぜ思ったほど普及していないのでしょうか。それは、銀行やクレジットカードの登録などにひと手間かかったりと、使い勝手がいまひとつよくないからだと思います。

また、シンガポールではスターバックスなどでコーヒーを買うときも、コンビニでお菓子を買うときも、クレジット情報が入ったスマホやカードを決済端末にかざして「ピッ」とすれば会計ができるので、店員にカードを預けることもなく安心です。決済は一瞬で済みますから、昼食の混雑時なども行列になることもありません。

一方、日本でもスマホを決済端末にかざして「ピッ」という決済サービスは増えてきました。電子マネーもかなり普及しています。しかし、お店によって使えるものと使えないものがあったりします。その点、シンガポールの銀行のキャッシュカードには、複数の大手銀行が株主になっているNETSといわれるデビットカードや、VISAなどのデビットカードがついていることが一般的です。NETSとVISAが利用できない店舗はほとんどないので、このキャッシュカードが1枚あれば、会計に困ることはまずありません。

次ページ日本人の会計がスマートでない理由
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。