シンガポールで「財布持たない族」急増のワケ

ブタ財布を持ち歩くのは日本人や中国人だけ

実は、各種カードの一人当たりの合計保有枚数を各国・地域別に見ると、日本は1人当たり平均で7.7枚を保有していて、CPMIメンバー国の中(平均2.8枚)では、シンガポール(約10枚)に次ぎ2番目に多いのです。しかしシンガポールでは、カード会社による優待や特典が非常に大きいので、10枚以上のカードを使いわけているツワモノもいるほどです。

ではなぜ日本人はカードで支払う金額は大きくないのに、多くのカードを持ち歩いているのでしょうか。その理由の一つは、シンガポールのようにカード発行会社がたくさんあるため、事あるごとにカードを作る機会があって、いつの間にか増えていることが考えられます。にもかかわらず、J-Debitや交通系電子マネーが使えない店がまだあるなど、利便性が低いのです。

キャッシュレスは「緩やかなインフレ」のエンジンに

もちろん、カードやスマホでの決済は便利な一方、現金払いに比べると支払いの際に痛みを感じにくいため、消費が増えやすいという研究調査もあります。

確かに、その点、現金払いは家計管理の面で堅実さを発揮します。徹底的に節約をしたいのならば現金払いを心がけ、給料が振り込まれたら、直ちに貯金用、食費用など袋に振りわけて、食費は食費の封筒からしか使わないようにすると、自然とお金は貯まりやすいものです。現金払いは、堅実な日本人の気質に合っているともいえなくもないようです。

『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

でも、たとえば、クレジットカード用の袋を用意してそこにおカネを入れておけば、それが手持ちの金額であり、それ以上使わなければいいのです。しかも、国の経済全体ということで考えると、キャッシュレスにしたほうが、決済が効率化されて消費も増えていくように思います。現金のやりとりは店での負担となり、銀行など金融サービス側にも重い負担となってのしかかってきます。

これからは複数あるカード会社が自主的にサービスを統合するなどして、消費者の利便性を今よりも上げる必要があるでしょう。キャッシュレス化が一つのエンジンとなって、経済が活性化されるはずです。少しでも個人が消費に前向きになれば、緩やかなインフレに向かい、停滞している所得も増えるのではないでしょうか。実際、世界の流れは明らかに後者になっています。

クレジット(デビット)カードで払えば、ポイントが付いたり、キャッシュバックを受けたりといった特典もあります。もちろん、日本でもそうですが、税金、家賃、光熱費なども、一部ではクレジットカードで支払うことができます。定期的に必ず支払わなければならないこうしたおカネは、徐々にカード払いにすればポイントの面でもお得です。前回お話しした「低価格高品質」のサービスをやめることと、キャッシュレス化の促進が、日本を緩やかなインフレに導くカギになるはずです。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT