「ハイリスク・ハイリターン」の意外な語源 知ると楽しい金融英単語の世界

印刷
A
A

Default(デフォルト、債務不履行)

いつだったか、ロシアが「default(デフォルト)」を起こしてヘッジファンドが巨額の損失を出し、世界の経済が混乱に陥りました。デフォルトは金融の世界では「債務不履行」を意味する言葉ですが、最近は普通に日常会話でも使われるようになりました。

この言葉は中世フランス語の defaillirの過去分詞 defauteに由来しますが、そのもとはラテン語 de-(離れて)-fallire(失敗する、欺く)にさかのぼります。このつづりからde-を取るとその形が現れるのでおわかりかと思いますが 「fault(欠点、過失)」という英語もありますが、当然このファミリーです。

なんと「ファルセット」も同じ仲間

一方、先ほどのフランス語のdefaillirから想像できますが failという動詞も同じ語から発生しました。この名詞形が 「failure(失敗、しくじり)」で、それぞれ金融用語としては「証券譲渡不履行」「破産、倒産」の意味があります。「failure to pay」は「支払い不履行」という意味です。

ラテン語の fallere の過去分詞は 「falsus(欺かれた)」でここから英語の「 false(誤った、間違った)」という語が生まれ、「falsehood(虚言)」「falsify(偽る)」などの派生語になりました。

イタリア語では falso(誤った)と言いますが、これに、「小さい」「少し」といった意味を表す指小辞がついたのが falsetto という言葉ですが、皆さん聞いたことがありますか? 最近、特にバロック音楽などで陽の目をみるようになりましたが、「裏声」で歌う歌唱法のこと(特にカウンター・テナーと呼ばれる人たち)を「ファルセット」というのです。

さて、お料理に詳しい方は「サーロイン」の部分の肉をフランス語では「faux-filet(フォー・フィレ)」と呼ぶのはご存じでしょう。文字通り訳せば「にせヒレ肉」ということになります。そのほか、少し難しい語ですが、「fallacious(虚偽の)」という形容詞は哲学っぽい文献などでよくお目にかかります。

ところで、英語の綴りに l の文字があるのに、フランス語では l にあたるところが u になっているのにお気づきでしょうか? これは中世、フランス語から英語に伝わった語が、英語では現代に至るまでその音を保存しているのに対して、フランス語は訳ありで(それはまた今度の機会に)非常に音声変化の速い言語であったため、その後の時代に発音が変化して、l が u の音に変わってしまったのです。

実際 l の音は u に変わりやすく、ブラジルのポルトガル語では Brasilを「ブラジウ」、papelを「パペウ」と発音します。あのロナウジーニョも綴りは Ronaldinho です。私見では、アメリカ英語の l もかなり u に近い音になっている感じがします。テレビ番組かなにかで「アンビリバボー」と書いてあったのを見かけた気がします。これはその証拠ですね。実際の綴りは unbelievable ですから。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT