東京モーターショーに迫られる抜本的な改革

2019年開催に向け、今までどおりでいいのか

前回2017年秋に開催された第45回東京モーターショー(写真:ロイター/アフロ)

世界有数の国際自動車ショーであるアメリカのデトロイトオートショーが、2020年から開催時期をこれまでの1月開催から6月開催へ移行することを決めた。もともとは家電ショーだった「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)に押されたことなど、背景は「あのデトロイトショーが6月開催に移る真相」(8月21日配信)で解説したとおりだが、自動車ショーの地位低下はデトロイトオートショーの話だけではない。

「東京モーターショー」の来場者は減少傾向に

デトロイト、ジュネーブ、パリ、フランクフルトと並んで「世界5大モーターショー」の一つに数えられる「東京モーターショー」。ピークの1991年には来場者数が200万人に達したが、前回2017年に東京・有明の東京ビッグサイトで開かれた第45回は、約77万人まで減ってしまった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

10日間の会期、それも多くは業界関係者の集まるイベントということを考えると、同じビッグサイトで開催されるコミックマーケット、通称コミケは3日間で50万人以上を集める。コンテンツとしての自動車は、いまや集客力で漫画&アニメに勝てていない。

そして今や、モーターショーは、世界の5大モーターショー以外にも、ボローニャ、ブリュッセル、ブカレスト、サンパウロ、イスタンブールなど、世界の主要都市でたいてい毎年か隔年の間隔で開催される。中国の北京、上海のモーターショーも今や世界中のメーカーやジャーナリストを引き寄せている。アジアの台頭も著しく、まだ中国には及ばないものの、インドのニューデリーショーや、インドネシアのジャカルタオートショーも、毎年、華やかさを増している。

次ページ没落のきっかけになった要因の一つは…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。