任天堂株が年初来安値を更新したワケ

中国ライセンス承認凍結でゲーム株に売り

 8月16日、任天堂 が7月6日に付けた年初来安値を更新した。中国当局がゲームライセンス承認を凍結したことが明らかとなる中、ゲーム関連株への売りが継続している。写真は任天堂のロゴ。昨年1月に東京で撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 16日 ロイター] - 東京株式市場で16日、任天堂 <7974.T>が7月6日に付けた年初来安値を更新した。中国当局がゲームライセンス承認を凍結したことが明らかとなる中、ゲーム関連株への売りが継続している。

カプコン<9697.T>、スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.T>も軟調。ネクソン<3659.T>は売り先行後、買い戻しが入りプラスに転じた。

中国インターネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>は14日、カプコンの人気ビデオゲーム「モンスターハンター:ワールド」について、中国国内の規制当局により販売を差し止められたことを明らかにした。同ゲームは今月8日、テンセントのゲーム配信プラットフォーム「WeGame」でリリースされたばかり。同社はコンテンツの一部が規制面の基準を満たしていないためと説明した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT