虫歯の人が妄信してしまう危険な歯科医5例

インプラントが「骨を突き抜ける」ケースも

「抜歯しかない」と言われても信じてはいけない(筆者撮影)

「悪質な歯医者は、ごく一部。それをマスコミが強調するので、患者に不信感が広まってしまった」

歯科治療の問題点を報道すると、関係者からこんな〝逆批判〟が返ってくるが、本当に一部の問題なのか、私は疑問を抱いている。

拙著『やってはいけない歯科治療』で、モラルを疑うような歯科治療の実態をレポートしたところ、全国の患者から深刻なトラブルの相談が次々と寄せられてきた。「もっと早く本を出してくれたら、歯を失わずにすんだ」という悲痛な声もある。

そこで今回は、歯を守るために、知っておくべき5つの実例をお伝えしたい。

case.1 「画期的な◯◯式治療法」の正体

画期的な虫歯治療と称するものが、いくつか存在する。その一つは、「虫歯の穴に薬剤を詰めて封鎖、1年以上かけて除菌しながら、自然治癒力で治してしまう」というもの。これを推し進める中心的な歯医者は「名医」としてテレビで紹介され、本はベストセラーになった。

ただし、有効性が確立されている治療法は、保険適用になるのが一般的。なのに、これらの画期的治療法とされるものは自費診療で、決して安くはない費用がかかる。実施している歯医者も、ごくわずかしかいない。

普及しない理由について、中心的な歯医者は、こう主張している。

”虫歯が自然に治ったら、患者以外に誰の利益にもならないので、広まらないように圧力がかかった”

だが、現実は、この画期的治療法が不成功に終わり、後始末を引き受けている歯医者が少なくない。

こうした独自の治療法は「○○式治療法」というように、発案者である歯医者の名前を冠することが多い。現行法では、正式な臨床試験で有効性が確認されていない治療法でも、歯医者の判断で行うことが容認されているので、注意していただきたい。

次ページ科学的な根拠のない独自の治療法
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT