小さな本屋が紀伊國屋本店と勝負できるワケ

弱者の兵法「スモール・スタート」の力

紀伊國屋書店と「勝負」した、小さな書店の”発想”とは?(撮影:今井康一)
何を始めるにせよ、最初の一歩を踏み出すときは、リスクが気になったり、勇気が必要だったり、何かと調整が面倒……と思う人もいます。いくつもプロジェクトを実現させてきたgood morningsの水代優氏(著書に『スモール・スタート あえて小さく始めよう』がある)が、「何かを始めるときのコツ」を解説します。

僕はグッドモーニングスという会社を経営していて、東京・丸の内や日本橋をはじめ全国各地でイベントのプロデュース、コミュニティ作り、カフェの運営などをしています。地域や企業のPRのお手伝いなど、人をつなぎ、場を盛り上げるために、いくつもの「小さなこと」に取り組んできました。

そして、楽しく働き、生きていくために、僕は最近まわりに「新しいことを、小さく始めてみませんか」と呼びかけています。

「小さい組織だからできること」がある

「小さく始める」とはどういうことか。あえて説明するなら、「まずは動く」ということ、「静を動に変える」ということです。

僕は、振り返ると小さく始めることばかりしてきました(大きくは始められないから、仕方なく小さく始めてきたというのがホンネかもしれませんが)。でも、いろいろと小さく始めたからこそ、今、どれも最高に楽しめているし、新しく始めたいことも、次々に見つかります。

「小さく始める」ことにはメリットもあるし、コツもあります。

たとえば、僕の経営する会社グッドモーニングスは、日本橋浜町でハマハウスというカフェを運営しています。ブックカフェで、棚一面には本が並んでいます。でもときどき、本は売らずに盆栽ばかりを並べるなど、空間を自由に使っています。

もし、大手の書店がある日突然「今週は本は売りません、盆栽だけです」とやったら、大ブーイングが起こるでしょう。でも、僕たちは小さいから「なんか変だけど、こういうこともやるんだ」と許容してもらえます。

あるときには、本は本でも、『SHOE DOG』(東洋経済新報社)という1種類の本だけを大量に並べて売る、という試みをしたこともあります。その本の内容に共感したので、応援の意味も込めて、その本だけを並べたのです。これも、大手の書店では考えられないことだと思います。もしも僕が大手書店の店員なら、「1種類の本しか置かないなんて」とお客さんから激怒されるはずです。

次ページ紀伊國屋書店の梅田本店と勝手に“競争”
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT