日焼けクリームと日焼け止めはどう違うのか

意外と知らない、初夏からの「すごい技術」

綿繊維にシワができる仕組み(イラスト:小林哲也)

シワを作らないためには、水による繊維の膨張を抑えればいい。その解決策として考え出されたのが「架橋(かきょう)反応」だ。繊維と繊維がしっかり結びつくよう、分子同士に橋を架ける化学反応を利用するのだ。そうすれば、水がしみ込んでも繊維は膨張しなくなる。

架橋反応による形態安定加工(イラスト:小林哲也)
『雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

架橋反応には最初、ホルマリンが利用された。現在では肌や環境にやさしいさまざまな物質が考え出されている。

架橋反応を利用して繊維の変形を防ぐ技術は、何も綿だけに限ったことではない。ウールにも利用されている。いわゆる「丸洗いできるスーツ」などがそれだ。ウール繊維は表面がウロコ状になっていて、水を含むとささくれ立ち、隣の繊維ともつれ合う。これが、水洗いでウール製品が縮む原因だ。そこで、繊維を薄く樹脂で包んで架橋させる。

すると、濡れても繊維はもつれ合うことがなく、乾燥すれば元の形に戻る。

「濡れ干し」が基本

ちなみに、形態安定加工された衣服は「濡れ干し」が基本。雫がたれるくらいが理想だ。水分の重みでシワが自然に伸びるからである。

以上、この記事では、初夏から頻繁にお世話になる“すごい技術”を簡単に解説したが、「よく使っているけれど、その仕組みをほとんど知らない」モノはたくさんある。私たちの生活を“心地よいもの”にしてくれるのは、よく買い求め、よく使っている、あの身近なモノの“すごい技術”のおかげなのかもしれない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT