日焼けクリームと日焼け止めはどう違うのか

意外と知らない、初夏からの「すごい技術」

ニオイを抑える「制臭」の仕組み(イラスト:小林哲也)

すっかり普及した形態安定シャツ

もともとは汗を吸うための服飾アイテムでもあったワイシャツ。このワイシャツには綿がよく利用されるが、これは水分をよく吸収し、着心地がいいからだ。しかし、綿のシャツには洗濯後にシワができやすいという欠点があった。

忙しい現代、毎日アイロン掛けするのはたいへんなことだ。そこで現在、市販されている多くのワイシャツには「形態安定」という加工が施されている。

形態安定とは、「形状記憶」「ノーアイロン」などと呼ばれる繊維加工の総称である。この加工が施されていると、洗った後に干すだけでアイロンが不要になる。

形態安定加工の仕組みを見る前に、そもそもなぜシワができるのかを解説しよう。綿繊維は天然のセルロース分子が緩やかに結びついてできているが、内部には大小さまざまな隙間がある。洗濯時には、この隙間に水がしみ込んで膨張・変形するのだ。そのまま乾燥すると、繊維が変形状態で固定されてしまう。これがシワの原因である。

次ページ衣類によく使われる綿は…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT