豪雨被災地「アレルギー患者」が直面する危機

命にも関わることだが後回しにされている

施設全体が2メートル近く水に浸かった広島県三原市の「本郷ひまわり保育所」(筆者撮影)

泥まみれの積み木。水浸しの床に倒れたピアノ。七夕飾りにも茶色い砂がこびりつき、カサカサになって垂れ下がっていた。短冊には「大きくなりますように」「元気にすごせますように」などの願いごとが読み取れる。

泥がこびりついた七夕飾り(筆者撮影)

西日本豪雨(平成30年7月豪雨)の発生から1週間以上が経った7月15日、広島県三原市の「本郷ひまわり保育所」。許可を得て屋内に足を踏み入れると、子どもたちの願いが切なく感じるほどの無残な光景が広がっていた。

三原市では計8人が死亡

三原市では南東に向かって流れる沼田川が3カ所で溢水したのをはじめ、支流の河川9カ所で破堤。住宅の1階部分を丸ごと沈めた洪水や土砂崩れで計8人が亡くなった。

園庭に運び出された電子ピアノ(筆者撮影)
次ページ1階の天井近くまで浸水
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT