今年もオールスターで「全パ」が連勝した意味

都市対抗野球が盛り上がる時期にもなった

今シーズンのプロ野球のお話をしましょう。

すでに後半戦がスタートしていますが、オールスター戦の振り返りを。

京セラドーム大阪と熊本・リブワーク藤崎台球場で2試合が行われましたが、全パが2連勝とパ・リーグの強力打線が全セの投手陣を飲み込んだかたちになりましたね。

オールスターは1年に一度のお祭り舞台。結果にこだわらず、一流選手の真剣勝負が見られて、面白いものです。

オールスターならではの面白さ

たとえば投手で言うと、ストレートの速い投手はストレートで押す投球、打者で言えば、すべてフルスイングでホームラン狙い、など、チームとしての戦略も不可欠になってしまう、通常のシーズン中には見られないプレーが続出します。よって、選手それぞれの“ウリ”が露呈しますから、プロ野球OBである私ですら、観ていてとても楽しい。

私も3度出場していますが(近鉄1回、楽天2回)、打席に入ったときはすべてホームラン狙い! だって、ここでホームランを打ったらMVPが取れますからね(笑)!

自身が出場した中で、印象に残っているのが2004年に初出場し、目の前で見た新庄剛志選手のホームスチール! 僕ら選手も盛り上がった! こんなプレーが出て来るのも、オールスターならではだなぁと感じていました。

あれほどまでに華のある選手はなかなか最近見られないですが、今年、キラッと光っていたのは西武ライオンズ勢。シーズン同様、強打が炸裂!

1戦目、秋山選手の先頭打者ホームランに始まり、森選手のMVP獲得となる3ランホームラン。2戦目、源田選手のこれまたMVP獲得となった、先制タイムリー2ベースヒット。全部、得点に絡んでいるんです。

リーグ戦前半戦の終盤、やや心配だった打線の勢いですが、杞憂だったかもしれません。大舞台で活躍したことが自信になって、後半戦も強力打線を中心にパ・リーグを引っ張っていきそうな予感がしてきました。

次ページ楽天から出場した選手も活躍
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT