「40歳正社員・月給18万円」は恵まれている?

上司のメールを無視する「休職中」男性の胸中

さらに「漢字の読み方なんかを間違えると、『モノを知らない』『教養がない』とか、何かというとすぐにバカにしてくるんです」とタイシさん。大人になってからは、とにかく家で過ごすことが苦痛だった。仕事が終わった後、深夜まで街中で時間をつぶしたり、失業したことを言えずに、毎朝自宅を出て終日図書館で過ごしたりしたこともあったという。そして数年前、ついに家出同然に実家を飛び出した。現在は都内の家賃約5万円のシェアハウスで暮らしている。

今年6月、走行中の東海道新幹線で、男が無差別に乗客に襲いかかる事件が起きた。このとき、犯人の父親が取材に対して「(息子は)今は家族ではない」「変わった子」などと答えたことが、一部で批判を浴びた。タイシさんに言わせると、「もし僕が事件を起こしたら、僕の父親も同じことを言いそうです」。

一方で、休職して以降、シェアハウスの家賃約5万円は両親が負担しているのだという。このあたりの親子の距離感も、私にはちょっと理解ができなかった。

「僕のことをダメな人間だと思ってますよね」

大学には奨学金を借りて通ったが、現在の残額がいくらかは「よくわかりません。多分半分くらいは返したと思うんですが……」と首をひねる。勤務先の休職期限についてもよくわからない、とのこと。私が就業規則に書いてあるはずだと言うと「ちゃんと読んだことがないのでわかりません」と言うのだ。

自分のことに関心がないのか、それとも取材を警戒して答えをはぐらかしているのか――。

大学を中退したことも、仕事が続かないことも「僕が悪いんです」と言いながら、「僕らロスジェネ世代には、フルタイムで働いても生活できないような仕事しかない」と世代論を持ち出したりする。

「大学を卒業した同級生も、会社が倒産したり、転職先がブラック企業だったりして仕事を転々としてます。ロスジェネ世代には本当にそういう人が多いです」

ロスジェネ世代――。1970~1980年代前半に生まれ、就職氷河期に社会人になった世代を指すとされる。この世代の中でも有効求人倍率や就職率に差はあったが、私自身、この時代に就職活動を経験したので、タイシさんが時代を恨みたくなる気持ちは少し理解できた。

とはいえ、就職が厳しいからこそ、せっかく入学した大学はなんとか卒業したほうがよかったのではないか。傷病手当金を受けている以上、現状について勤務先に報告くらいはしたほうがよいのではないか――。そんなふうに指摘すると、「僕のことをダメな人間だと思ってますよね」と返されてしまった。

次ページロスジェネ世代の人たちとツイッターで意見を交わす
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT